クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4045×1750×1480mm/ホイールベース=2540mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC(88ps/5250rpm、13.6kgm/3250rpm)/価格=189.0万円(テスト車=同じ)

プジョー207スタイル1.4(FF/5AT)【試乗記】

200万円プジョーの復活 2009.12.22 試乗記 プジョー207スタイル1.4(FF/5AT)
……189.0万円
質を上げながらもプライスダウンされた「プジョー207」。その変更の中身はどんなものなのか? 1.4リッターのエントリーモデルに試乗した。

良心的な価格設定

価格破壊の嵐が吹き荒れた2009年。自動車の世界でもトヨタの「プリウス」や「マークX」がプライスダウンを実施し、ヒットに結びつけた。では輸入車は? と目を向けると、フランス車の良心的な価格設定が目立つ。
「ルノー・カングー」は、新型で大きくなっても値段はほぼ同じだし、ルノースポールの「トゥインゴ」「ルーテシア」は250/299万円と、内容を考えればバーゲンプライスといえる。さらに注目すべきは「プジョー207」だ。10月に実施されたハッチバックのマイナーチェンジで、ベーシックグレードのスタイルを200万円以下にするなどのプライスダウンを断行したのだから。

これまで210万円だった1.4リッター+5段2ペダルMTの「スタイル1.4」を189万円へと10%も値下げするとともに、1.6リッター4段ATの「スタイル1.6」を199万円、中間車種「プレミアム」を219万円で新規導入。上級グレードの「シエロ」も266万円から249万円になっている。逆にスポーティな装いの「フェリーヌ」と5段MT仕様、3ドアに1.6リッターターボと5段MTを搭載した「GT」と「GTi」は消滅した。

スポーツ系モデルを整理することでコストダウンを実現したという見かたもできるが、MT車を欲するようなこだわり派ユーザーは発売直後に購入するケースが目立つから、不満の声は上がらないだろう。それよりも旧型にあたる「206」に存在した200万円以下の車種復活を、よろこぶ人が多いはずである。では価格以外で変わったのはどんな部分なのか。いちばん安いスタイル1.4で横浜周辺をドライブしてチェックした。


プジョー207スタイル1.4(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大
ホイールカバーのデザインは、2009年10月のマイナーチェンジで新しいものに。
ホイールカバーのデザインは、2009年10月のマイナーチェンジで新しいものに。 拡大
リアコンビランプの意匠もLEDを用いたニューデザインとなった。
リアコンビランプの意匠もLEDを用いたニューデザインとなった。 拡大

改良の目的はコストダウンじゃない

外観ではフロントグリル、ホイールカバー、リアコンビランプがリデザインされた。従来、スタイルとそれ以外で違っていたグリルは、マイチェンを機に統一され、開口部が上級の「308」に近い角型になって、少し落ち着いた顔になった。一方リアコンビランプにはLEDが新採用されており、コストダウンが目的の改良でなかったことがわかる。

インテリアではメーターがブラックから他のグレードと同じホワイトダイヤルになり、スタイルのみマニュアル式となるエアコンのスイッチも一新された。ともに旧型より質感の高い仕上げで、ここでもプライスダウンから予想する状況の逆を行っている。

前席は奥行きのあるインパネと前進したウインドスクリーン、大きなサイドウィンドウのおかげで、開放感が高い。後席の広さはこのクラスの平均レベルだが、身長170cmの自分なら楽に座れる。シートは前後ともフランス車らしい、しっとりした座り心地だ。このあたりは旧型と変わらない。
その空間に身を置いて走り出すと、207スタイルはこの国のコンパクトカーが受け継いできた心地よさを、じわじわと乗り手に届けてきた。

運転席まわりの様子。白い三連メーターは、オートバイを意識したディテールだ。
運転席まわりの様子。白い三連メーターは、オートバイを意識したディテールだ。 拡大
「スタイル」のリアシート。フロント、フロントサイドのほか、サイドカーテンエアバッグが標準となり、乗員を守る。
「スタイル」のリアシート。フロント、フロントサイドのほか、サイドカーテンエアバッグが標準となり、乗員を守る。 拡大
左奥から、「プレミアム」「シエロ」「スタイル」の3モデル。
左奥から、「プレミアム」「シエロ」「スタイル」の3モデル。 拡大

軽快で楽しい走り

1.4リッターエンジンは旧型と共通で、1.6リッターがPSAとBMWの共同開発なのに対し、自社設計となる。88ps/13.6kgmのパワーとトルクは控えめだが、1170kgの車重は旧型と同じであり、低めのギア比を持つおかげもあって、予想以上に軽快に加速する。あとで乗った1.6リッター4段ATより、街なかでの力強さは上だった。

2ペダルMTで気になるシフトアップ時の減速感は、Dレンジでも気にならない。ATに慣れた人でも違和感は抱かないんじゃないだろうか。でもエンジンはレブリミットまでスムーズに吹け上がるから、気がつくとマニュアルモードを選んでパドルを弾き、高回転キープで速さを求めるドライビングになってしまう。走りの楽しさでも1.6リッターATを上まわっているのだ。

サスペンションはそんなにソフトではないけれど、揺れは最小限で、段差のショックをじんわり吸収してくれる。207シリーズではいちばんのネコ足度だ。ノーズの動きは最近のプジョーとしてはおだやかで、しなやかな足と細いタイヤが、しっとりしたコーナリングを演じる。滋味あふれる走りだ。
少し前のフレンチベーシックを想起させるこの世界は、マイナーチェンジ前のモデルも備えていた。でも新型はそれを、20万円以上安く入手できる。先代206のスタイル同様、200万円を切ったことに大きな価値がある。

ちなみにヨーロッパにおける1.4リッター2ペダルMTは1万6450ユーロで、マイナーチェンジ前と同じだ。200万円プジョーの復活は、インポーターの企業努力の賜物であることを覚えておいてほしい。

(文=森口将之/写真=高橋信宏)

写真をクリックするとシートが倒れるさまがみられます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまがみられます。 拡大
ボンネット下に収まるのは、プジョー独自開発の1.4リッターユニット。シフトパドル付きの2ペダルMTが組み合わされる。
ボンネット下に収まるのは、プジョー独自開発の1.4リッターユニット。シフトパドル付きの2ペダルMTが組み合わされる。 拡大
マイナーチェンジで価格を一気に20万円以上引き下げた207スタイル。ボディカラーは、赤・青・黒・グレー系の4色が選べる。
マイナーチェンジで価格を一気に20万円以上引き下げた207スタイル。ボディカラーは、赤・青・黒・グレー系の4色が選べる。 拡大