「シボレー・コルベット」2010年モデルを発表

2009.12.21 自動車ニュース
 
「シボレー・コルベット」2010年モデルを発表

「シボレー・コルベット」2010年モデルを発表

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2010年モデルの「シボレー・コルベット」を、2010年2月に発売する。

 
「シボレー・コルベット」2010年モデルを発表

2010年モデルのラインナップは、6.2リッターV8エンジン搭載の「クーペ」(6AT)および「コンバーチブル」(6AT)と、7リッターV8エンジン搭載の「Z06」(6MT)の3モデルで、09年にあったクーペの6MTモデルはカタログから落とされた。

従来型からの主な変更点は、ドアミラー形状のリニューアル、インテリアではセンターコンソールのトリムプレートに新しいパターンが採用されたこと。さらに「クーペ」「コンバーチブル」のヘッドレストにクロスフラッグの刺繍が施され、「Z06」のホイールデザインが改められるなどされた。

価格は、コルベットクーペ(6AT)が755.0万円、コンバーチブル(6AT)が875.0万円、Z06(6MT)は985.0万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
コルベットコルベット コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記