BMWが電気自動車「BMWコンセプト・アクティブE」を出展【デトロイトショー2010】

2009.12.18 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】BMWが電気自動車「BMWコンセプト・アクティブE」を出展

独BMWは、2010年1月16日に開幕するデトロイトショーに、ピュアEVの「BMWコンセプト・アクティブE」を出展する。

1シリーズクーペを電気自動車化

「MINI E」を用いてピュアEVのテストを行っているBMWグループは、その第2弾として「1シリーズクーペ」をベースとした電気自動車「BMWコンセプト・アクティブE」を開発し、近く実証実験を開始する。

電気自動車といえどもそこはBMW、「BMWコンセプト・アクティブE」は後輪駆動を採用する。170psを発生する駆動用モーターはボンネットの下ではなく、リアアクスルと一体化され、直接リアアクスルを駆動。コントロールユニットはモーター上部にマウントされる。
一方、リチウムイオン電池は、いままでエンジンや燃料タンクがあった場所に収められた。バッテリーやモーターを搭載した状態の車両重量は約1800kgに達する。キャビンには4つのシートが用意され、容量200リッターのラゲッジスペースが確保されるという。

性能は、0-100km/h加速が9秒以下、最高速は145km/h(リミッターが作動)。航続距離は160km程度になる見込み。充電に要する時間は、充電方法により異なるが、3時間から4時間半ほどとのこと。

BMWグループは「プロジェクトi」の一環としてMINI Eと、このBMWコンセプト・アクティブEを開発。これらの経験をもとに、大都市向けコミューターの量産に乗り出す考えのようだ。

(文=生方聡)

「BMWコンセプト・アクティブE」
「BMWコンセプト・アクティブE」

BMWが電気自動車「BMWコンセプト・アクティブE」を出展【デトロイトショー2010】の画像

BMWが電気自動車「BMWコンセプト・アクティブE」を出展【デトロイトショー2010】の画像
リアビュー。外観は、ベースとなる「1シリーズクーペ」との大きな違いはない。
リアビュー。外観は、ベースとなる「1シリーズクーペ」との大きな違いはない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る