「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

2009.12.18 自動車ニュース
新型「マツダ・キャロル」
「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

マツダは、軽乗用車「キャロル」をフルモデルチェンジし、2009年12月17日に発売した。

インテリアの各所も丸みを帯びたデザインに。
「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

「マツダ・キャロル」は目下、「スズキ・アルト」のOEMモデルとなるクルマ。12月16日にアルトがフルモデルチェンジしたのを受けて、こちらも新型にバトンタッチすることになった。

クルマとしての内容は、新型「アルト」に準拠するもので、「愛着がわく、親しみやすいエクステリア」「広々感のあるインテリア」「軽量化やCVTの改良による経済性」などをウリとする。
全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」に適合しており、4ATモデルが「平成22年度燃費基準+15%」を、CVTモデルと5MTモデルが同+25%を達成。すべてがエコカー減税の対象になっている。

スタート価格はアルトよりも16万円ほど高く、「GS」(FF/5MT)の89万9850円から「XS」(4WDCVT)の116万7600円まで。月間の目標販売台数は800台(アルトは7000台)だ。

(webCG 関)

関連キーワード:
キャロルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。
  • 新型ジムニーはやっぱり硬派路線 1998.10.8 自動車ニュース スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を1998年10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。
  • AZ-ワゴン、新たに6機種を設定(6/29) 1998.6.29 自動車ニュース マツダ株式会社はワゴンタイプの軽乗用車「AZ-ワゴン」に新たな6機種を設定、6月18日から発売した。低価格車から高性能車までの幅広さがうたわれている。価格は2WD/5MT搭載「FM」の99.8万円から。今回追加となるのは、低価格でおさえた「FM」、広い室内が自慢の「コラムFX」、スポーティさがうりの「RR-Fターボ」で、いずれも2WD車、4WD車があり全6機種となる。装備面では、「FX」にエアコン、パワステ、パワーウィンドウ、パワードアロック、キーレスエントリーなど実用的な面での充実をはかりつつ、2WD5MT車で100万円を切る価格を設定した。「コラムFX」はコラム式シフトレバーやフットパーキングブレーキを採用、さらに前席をベンチシートにすることで広い室内空間を実現している。また「RR-Fターボ」にはDOHCインタークーラーターボを搭載、さらに車高を10mm下げ、新デザインののフロントグリル、フロンとおよびリアアンダースポイラーなどの専用装備の採用でスポーティ感を高めたとされている。ボディタイプはすべて5ドア。グレードは、「FM」(2WD5MT99.8万円/3AT105.3万円、4WD3AT115.0万円)、「コラムFX」(2WD3AT113.3万円、4WD3AT123.0万円)、「RR-Fターボ」(2WD4AT129.0万円、4WD3AT136.7万円)となる。全国のマツダオートザム系およびオートザム系販売店で販売中。
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • 三菱自動車、“ナイトショールーム”をオープン 2018.1.9 自動車ニュース 三菱自動車は2018年1月9日、自宅にいながらインターネット上で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のショールーム体験ができる「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を開催すると発表した。開催は1月9日から。
ホームへ戻る