「トヨタ・マークXジオ」に専用内装の特別仕様車

2009.12.18 自動車ニュース
240“E-Selection”
「トヨタ・マークXジオ」に専用内装の特別仕様車

「トヨタ・マークXジオ」に専用内装の特別仕様車

トヨタ自動車は2009年12月16日、「マークXジオ」の特別仕様車「240“E-Selection”」ならびに「エアリアル“V-Selection”」を発売した。

エアリアル“V-Selection”
「トヨタ・マークXジオ」に専用内装の特別仕様車

「240“E-Selection”」は、ベーシックグレードである「240」をベースとする。インテリアに、本革巻きステアリングホイール/シフトノブや専用加飾を施したインストゥルメントパネルなどのほか、専用のブラックシート表皮を特別装備。さらに、16インチアルミホイールも採用された。
価格はベース車より2.0万円高い、260.0万円(FF)と281.0万円(4WD)。

もう一方の「エアリアル“V-Selection”」は、「エアリアル」の7人乗り仕様をベースとしたお買い得モデル。本革巻きステアリングホイール/シフトノブや専用加飾を施したインストゥルメントパネルなどが採用される一方で、アルミホイールはベース車の18インチから16インチにサイズダウン(FF車)。その他一部装備が簡略化され、価格はベース車より安い265.0万円(FF)と286.0万円(4WD)とされた。

同時に、4WD全車において、エンジンやトランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を従来比で0.2km/リッター高めた12.2km/リッターに改善。これにより、FF車(350Gを除く)同様にエコカー減税(50%)の対象車となった。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
マークXジオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」がマイナーチェンジ 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、マイナーチェンジしたミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を発表した。2018年1月8日に販売を開始する。価格は335万4480円から750万8160円までとなっている。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化 2018.1.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジ。全グレードでインテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーを選択可能としたほか、インテリアの仕様やボディーカラーのバリエーションも拡充している。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る