独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表

2009.12.17 自動車ニュース

独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表

独メルセデス・ベンツは2009年12月16日、Eクラスに「カブリオレ」モデルを追加した。

■コンベンショナルなソフトトップを採用

Eクラスとしては、セダン、クーペ、ステーションワゴンに続く、4番目のボディタイプとなるカブリオレが登場した。Eクラスクーペをベースとしたこのカブリオレ、その一番の特徴は、ルーフを伝統的なソフトトップタイプとしたこと。すっきりとしたサイドビューを実現できたのは、ソフトトップの採用によるところが大きい。

ソフトトップは、耐候性と遮音性に優れるアコースティックソフトトップを標準で採用する。開閉はフルオートで、操作に要する時間は約20秒。停車中はもちろん、40km/h以下であれば走行中でも開閉操作が可能である。ソフトトップは荷室上部に格納され、収納時のラゲッジ容量は300リッター、オープン時には90リッター増の390リッターが確保される。

■風の巻き込みは「エアキャップ」でストップ

一般に、4シーターのカブリオレでは、オープン時にキャビンへの風の巻き込みが大きく、これを防ぐため、リアシートにネット状の“ついたて”を設置するケースがよく見られる。しかし、後席に乗員がいる場合は使えないという弱点があり、また取り外しも面倒なことも多い。これを解決するために、新型Eクラスカブリオレでは、新機構「エアキャップ(AIRCAP)」を採用した。

これは、フロントウィンドウのフレーム上にポップアップ式のルーバーを、また、リアシートのヘッドレストの間にポップアップ式のネットを用意し、オープン時にこのふたつをせり上げることで効果的にキャビンへの風の巻き込みを減らすというもの。さらに、前席には乗員の顔や首まわりに温風を供給する「エアスカーフ」を採用し、冬場でも快適なオープンエアドライブを提供する。

メルセデス・ベンツは、このEクラスカブリオレの販売を2010年1月11日からスタートする。ラインナップは、「E250 CDI ブルーエフィシェンシー カブリオレ」、「E350 CDI ブルーエフィシェンシー カブリオレ」、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー カブリオレ」、「E350 CGI ブルーエフィシェンシー カブリオレ」、「E500 カブリオレ」の5タイプ。日本にも2010年中に導入の予定である。

(文=生方聡)

Eクラスカブリオレ
Eクラスカブリオレ 拡大
 
独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表の画像 拡大
 
独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表の画像 拡大
 
独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表の画像 拡大
 
独メルセデス、「Eクラスカブリオレ」を発表の画像 拡大

関連キーワード:
Eクラス カブリオレメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る