21世紀のミニ モーク!? 「MINIビーチコマー コンセプト」【デトロイトショー2010】

2009.12.17 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】21世紀のミニ モーク!? 「MINIビーチコマー コンセプト」

独BMWは、2010年1月11日に開幕するデトロイトショーに、「MINIビーチコマー コンセプト」を出展する。

■ちょっと過激なクロスオーバー

ドアはない、ルーフもない。ちょっと過激なクロスオーバーのスタディモデルが、「MINIビーチコマー コンセプト」だ。かつての「Mini」には「ミニ モーク」と呼ばれるビーチバギーが存在し、日本の路上でも見かけることができたが、このMINIビーチコマー コンセプトは、21世紀版の「ミニ モーク」と呼べるクルマなのだ。

写真からもわかるように、MINIビーチコマー コンセプトは車高を上げたボディと大径タイヤ、そして開放感あふれる(!?)キャビンを特徴とし、ビーチやリゾートでのオープンエアドライブが満喫できるクルマに仕立て上げられている。簡単に装着できるソフトトップや軽量のドアが用意されるので、雨の心配は無用だ。

リアデザインもユニークなもの。右半分が開いているので、サーフボードなどの長尺物を積むのに便利。左に装着されるケースは、一見スペアタイヤが収められているように思えるが、実際は便利な収納ボックス。MINIビーチコマー コンセプトにはランフラットタイヤが採用されているから、スペアタイヤは必要ない。見かけに違わず、駆動方式はフルタイム4WDを採用する。

ベースモデルに加えて、コンバーチブル、クラブマンと、バリエーションの拡充を図るMINI。2010年秋にはまた別のボディが追加されるというが、このMINIビーチコマー コンセプトは、MINIの世界がまだまだ完結しそうにないことを予感させる、楽しい提案である。

(文=生方聡)

MINIビーチコマー コンセプト
MINIビーチコマー コンセプト

21世紀のミニ モーク!? 「MINIビーチコマー コンセプト」【デトロイトショー2010】の画像

21世紀のミニ モーク!? 「MINIビーチコマー コンセプト」【デトロイトショー2010】の画像

21世紀のミニ モーク!? 「MINIビーチコマー コンセプト」【デトロイトショー2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る