【スペック】全長×全幅×全高=4100×1695×1525mm/ホイールベース=2600mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブスーパーチャージャー付き(98ps/5600rpm、14.5kgm/4400rpm)/価格=149万9400円(テスト車=177万2400円)

日産ノートX DIG-S(FF/CVT)【試乗記】

かなり“燃費スペシャル” 2012.10.15 試乗記 日産ノートX DIG-S(FF/CVT)
……177万2400円

フルモデルチェンジで2代目に進化した、日産のコンパクトカー「ノート」。その走りを、新開発エンジンを搭載する上級グレード「X DIG-S」で試した。

新エンジンはいいことずくめ

新型「日産ノート」がデビューしたのは、2012年8月28日。翌9月、登録車の新車販売ランキングで、このクルマはいきなり第3位に輝いた。「プリウス」「アクア」そしてノートの順。1、2位は言わずと知れたハイブリッド車。4位もハイブリッドがメインの「フィット」である。

てごわいハイブリッド軍団に食い込めたのは、まちがいなく新型ノートの燃費性能のおかげだろう。25.2km/リッター(JC08モード)は、ノンハイブリッド(登録車)のベスト・イン・クラスである。

ノートは旧型の1.5リッタークラスからダウンサイジングして1.2リッターになった。パワーユニットは「マーチ」と同じ3気筒+エクストロニックCVTで、このエンジンをベースに直噴ミラーサイクル化して、さらにスーパーチャージャーを付加したのが、新開発のHR12DDR型ユニットだ。
ノーマルのHR12DEより燃費がいいだけでなく、パワーもプラス19psの98ps。願ったりかなったりのエコパワーユニットである。このエンジンを積んだモデルは、ハイブリッドと同じ“免税”をゲットする。

長いスパンで見たとき、6:4で安いほうの自然吸気モデルのほうが売れる、と日産は見ているが、発売からこれまでは実に7割がスーパーチャージャー付きだという。遠い昔のバブルのころ、“デザインコンシャス”という言葉が流行(はや)ったが、いまやクルマはすっかり燃費コンシャスの時代だ。燃費をよくすること、燃費を気にすることがデフォルトになった。
持ち時間2時間半の試乗会に用意されていたのは、当然、スーパーチャージャー付きである。


日産ノートX DIG-S(FF/CVT)【試乗記】の画像
スーパーチャージャーで過給される、新開発の1.2リッター直3ユニット。アウトプットだけでなく、燃費値も自然吸気の1.2リッター直3を上まわる。
スーパーチャージャーで過給される、新開発の1.2リッター直3ユニット。アウトプットだけでなく、燃費値も自然吸気の1.2リッター直3を上まわる。
エクステリアは、サイドのキャラクターラインやブーメラン型のリアコンビランプが特徴になっている。
エクステリアは、サイドのキャラクターラインやブーメラン型のリアコンビランプが特徴になっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る