「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ−身近なエコカーを目指して

2009.12.16 自動車ニュース
身近なエコカーを目指して−「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ

身近なエコカーを目指して−「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ

スズキは2009年12月16日、7代目となる軽自動車「アルト」を発表。同日発売した。

「現在の経済情勢にあったクルマ作りを、これからも続けていく」と語る、スズキの鈴木修会長兼社長。
「現在の経済情勢にあったクルマ作りを、これからも続けていく」と語る、スズキの鈴木修会長兼社長。
「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ−身近なエコカーを目指しての画像

■全車エコカー減税の対象に

1979年の登場以来、軽自動車市場をリードしてきた「アルト」。2009年3月には世界累計販売台数1000万台を突破し、同年5月にはデビュー30周年を迎えた、まさにスズキの顔というべきアルトが、5年ぶりにフルモデルチェンジを実施し、7代目に生まれ変わった。

新型は「省資源・低燃費で気軽に使え、世代を超えて愛される軽自動車」をコンセプトに、軽自動車ならではの優れた環境性能と経済性を、親しみやすいスタイルに包み込んだのが特徴。パワートレインの改良により、乗用、商用のすべてのグレードで「平成22年度燃費基準+15%」以上を達成、全車エコカー減税の対象となった。

価格は、乗用タイプが73万2900円から115万7100円、商用タイプが67万7250円から88万4100円。月間7000台の販売を見込んでいる。なお、5段MT車は2010年2月からの販売となる。


「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ−身近なエコカーを目指しての画像
「アルトバンVP」
「アルトバンVP」

■より親しみやすく

2009年の東京モーターショーに参考出品された「アルト・コンセプト」が、早くも市販モデルの新型アルトとしてショールームを飾ることになった。旧型がやや無機的なスタイリングを特徴としていたのに対し、新型は柔らかいラインが目立つ有機的なフォルムに一新、より親しみやすいデザインとなった。インテリアも、シンプルで心地よいデザインにまとめあげられている。

ボディサイズは、3395mmの全長、1475mmの全幅が旧型と変わらないのはいうまでもないが、全高は35mm拡大して1535mm(4WD車は1545mm)となり、また、「ワゴンR」と同じプラットフォームを採用したことにより、ホイールベースも40mm増の2400mmに拡大している。これにともない、前席のヒップポイントは10mm高められて運転席からの視認性が向上。また、後席の居住空間の拡大が図られたという。

ラインナップは、乗用タイプが「E」「F」「G」「X」の4グレード。Eがベーシックモデル、Xが最上級モデルとなる。駆動方式はFFと4WDが選べる。トランスミッションは、EとFが5MTまたは4AT、Gは4ATまたはCVT、XはCVTのみとなる。商用タイプの「アルトバンVP」は、FF車が5MTまたは4AT、4WD車には4ATのみが用意される。

■パワートレイン改良で燃費をアップ

新型アルトに搭載されるのは、K6A型と呼ばれる660cc直列3気筒DOHC12バルブエンジン。可変バルブタイミング機構を採用し、最高出力は旧型アルトと同じ54ps/6500rpmだが、最大トルクは0.2kgmアップの6.4kgmで、従来よりも500rpm低い3500rpmで最大トルクを発生する。

オートマチックは3段からロックアップ機構付きの4段に多段化、また、上級グレードでは副変速機付CVTが組み合わされる。また、旧型に比べて約10kgの軽量化や空力性能の改善が図られた。

この結果、10・15モード燃費は20.0km/リッター(4AT/4WD)〜24.5km/リッター(CVT/FF)を実現。乗用タイプの4AT仕様および4WDモデルの5MT仕様が平成22年度燃費基準+15%、残りすべてのモデルが+25%を達成し、平成17年排出ガス基準75%低減とあわせて、全車エコカー減税の対象になった。


「スズキ・アルト」がフルモデルチェンジ−身近なエコカーを目指しての画像
ベーシックな「E」の荷室。最上級グレード「X」のみ、5:5の分割可倒式リアシートが与えられる。
ベーシックな「E」の荷室。最上級グレード「X」のみ、5:5の分割可倒式リアシートが与えられる。

■装備の充実はいいけれど

フルモデルチェンジということで、収納スペースの拡大や快適装備の充実にも意欲的だ。たとえば、助手席にインパネトレーを設定したり、前席のドリンクホルダーを2個から3個にしたのもその一例。また、最上級グレードのXには、プッシュスタートシステムや運転席シートリフター、チルトステアリング、シートベルトアジャスター、LEDサイドターンランプ付きドアミラーを装着している。

ハイブリッドに頼らず、持ち前のコンパクトボディと小さなパワートレインによって、低コストで低燃費を実現するアルト。エコカー減税対象車ではあっても、エコカーと呼ぶのに躊躇するクルマが多数存在するなか、このアルトは素直にエコカーと呼べそうだ。身近なエコカーとしてますます存在意義は高まるだろう。

ただ、ABSは多くのグレードでオプション(商用モデルには設定なし)であるし、リアヘッドレストは最上級グレードのXだけにしか装着されないなど、安全装備には不満が残る。「気軽に使え、世代を超えて愛される軽自動車」だからこそ、他の装備は削っても、安全装備はなおざりにしないでほしいと思う。

(文=生方聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る