トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」を一部改良

2009.12.14 自動車ニュース
「エスティマハイブリッド」
トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」を一部改良

トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」を一部改良

トヨタ自動車は、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」を一部改良し、2009年12月14日に発売した。

「エスティマハイブリッド」の内装。
トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」を一部改良

今回の改良では、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」に最新のカーナビゲーションシステムをオプション設定(ハイブリッド上級モデル「G」には標準装備)。さらにエスティマハイブリッドのパワースイッチにハイブリッド車を象徴するシナジーブルーが採用された。

また、最新の排出ガス試験モード(JC08モード)において、エスティマ3.5リッターモデルの温間時と、エスティマ2.4リッターモデルの冷間時で、それぞれ国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成した。

なお、特別仕様車の「2.4アエラス“G-EDITION”」「3.5アエラス“G-EDITION”」および、ウェルキャブシリーズについても、ベース車と同様の改良が施された。

価格は、エスティマが274万円から377万円、エスティマハイブリッドは、376万円から505万7000円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • 「トヨタ・シエンタ」に内装をおしゃれに飾った特別仕様車 2017.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月1日、コンパクトミニバン「シエンタ」に特別仕様車「G Cuero(クエロ)」を設定し、販売を開始した。「G」グレードをベースに合成皮革と上級ファブリックを組み合わせたシート表皮を採用するなど、おしゃれな室内空間が演出されている。
ホームへ戻る