【スペック】G:全長×全幅×全高=4605×1770×1495mm/ホイールベース=2700mm/車重=1590kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.1kgm/4400rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=380万円(テスト車=402万3650円)

トヨタ SAIシリーズ(FF/CVT)【試乗速報】

「プログレ」を思い出す 2009.12.14 試乗記 トヨタ SAI G(FF/CVT)/S “ASパッケージ”(FF/CVT)
……402万3650円/403万7950円

トヨタブランド、第2のハイブリッド専用車「SAI」は、“プリウスの上”に位置するモデルとして、大いに気になる存在だ。さっそくその第一印象をお伝えしよう。

国内のユーザー(だけ)を意識

トヨタというブランドにはどんなクルマでも揃っていそうな気がするが、意外なことに「SAI」は、けっこう初モノだったりする。全長4.6m級の4ドアセダンというのは、まあ普通にある。それを高級に仕立てて「和風」の雰囲気を込めるのもトヨタの特技だ。そしてハイブリッドは、もはやトヨタの基幹技術の一つとして、最近みるみる増殖している。でも、そんな3要素すべてを兼ね備えたクルマは、実はSAIが初めてなのだ。

全体のフォルムを眺めた第一印象は「大きめのプリウス」。その点では少し前に登場した「レクサスHS250h」と似ているが(それもそのはず、プラットフォームの大半を共用する姉妹車なのだから)、人をギョッとさせる鉄仮面スタイルではなく、フロントもリアも従来から慣れ親しんだ上質のセダン感覚でまとめられているところに、まず国内のユーザーを意識した狙いが見える。

乗ってみた感じも、「もっとよく走るプリウス」だ。初代プリウスから12年にわたって熟成されてきたTHS(トヨタ ハイブリッド システムで、今は第2世代のTHSII)だけに、いろいろな点で余裕も大きい。現行プリウスは1.8リッターエンジン+モーターで、実質2.4リッター級に匹敵する走りっぷり。それに対してSAIはエンジンを2.4リッター(150ps) に拡大強化し、143psのモーターとの組み合わせだから、もっとよく走って当たり前。

深くアクセルを踏むと、体感としては普通の3リッター並みにグッと行ける。ただし、全開ではけっして誉めたいほど静かではない。それより半開+α程度でモーターにも仕事をさせながらスイ〜ッと加速する(けっこうパンチ効きます)のが、独特の次世代感覚を味わうコツだ。

エンジンは、「プリウス」よりも排気量が600cc大きい、2.4リッター直4を搭載する。システム最高出力は190ps。このハイブリッドシステムは「レクサスHS250h」と共通だ。
エンジンは、「プリウス」よりも排気量が600cc大きい、2.4リッター直4を搭載する。システム最高出力は190ps。このハイブリッドシステムは「レクサスHS250h」と共通だ。
メーター内のマルチインフォメーションディスプレイに、各種燃費データが表示される。このほか外気温なども表示できる。
メーター内のマルチインフォメーションディスプレイに、各種燃費データが表示される。このほか外気温なども表示できる。
プリウスとの大きな違いは、独立したトランクルームを持つこと。ゴルフバッグは4つ積めるという。
プリウスとの大きな違いは、独立したトランクルームを持つこと。ゴルフバッグは4つ積めるという。
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
ホームへ戻る