第121回:風雲! アルファ・ロメオの古都「アレーゼ」の行方

2009.12.12 エッセイ

第121回:風雲! アルファ・ロメオの古都「アレーゼ」の行方

繁栄の象徴アレーゼ

2009年12月2日、「アルファ147」の後継車「ジュリエッタ」の概要が公表された。ご存知のとおり、1954年に誕生した往年の名車「ジュリエッタ」のネーミングを復活させたものだ。参考までにアルファ・ロメオは、後年の1977年に発売した小型車にも、ジュリエッタと命名したことがある。
このジュリエッタ、多くの報道では直前まで「ミラノ」になると伝えられていた。アルフィスタならご存知のとおり、ミラノはアルファ・ロメオゆかりの地である。

これは1910年6月に、ミラノに「Societa Anonima Lombardia Automobili ロンバルディア自動車製造(A.L.F.A.)」が設立されことに由来する。
これもファンには耳ダコものであろうが、エンブレムの片側の赤い十字はミラノの市章、もう片側の蛇はロンバルディア地方の名門・ビスコンティ家の家紋である。いずれもミラノを歩けば、あちこちの建物の外壁に発見できる。

創業時の工場は、ミラノのポルテッロ地区に置かれていた。今日ミラノ市内の見本市会場「フィエラ・ミラノ・シティ」があるあたりだ。最近では2015年の万博に向けて、さまざまなビルの整備が進められているエリアである。やがて戦後1963年、奇跡の経済成長に支えられたアルファ・ロメオは、より広い土地を求めてミラノ北部郊外のアレーゼに本社と工場を移転する。

アレーゼは、同時期に建設されたバロッコのテストコース、1972年に操業開始した南部のポミリアーノ・ダルコ工場と合わせ、アルファ・ロメオ繁栄の象徴だった。数年後には博物館と、チェントロスティーレ(スタイリングセンター)も完成した。
ボクがアレーゼを初めて訪れたのはずいぶんあとだが、ロンバルディア地方名物の霧の中、アウトストラーダ脇に赤い“Alfa Romeo”のネオンが浮かんだときは感動的だった。同時に、戦前の航空機エンジンまで実物を収めたミュージアムに圧倒されたものだ。

2010年ジュネーヴショーで公開される「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」。
2010年ジュネーヴショーで公開される「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」。
アルファ・ロメオのエンブレムの変遷。
アルファ・ロメオのエンブレムの変遷。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。