「キャデラックCTSスポーツワゴン」、日本上陸

2009.12.11 自動車ニュース

「キャデラックCTSスポーツワゴン」、日本上陸

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、「キャデラックCTS」のワゴンバージョン「CTSスポーツワゴン」の日本導入を発表。2010年2月から販売を開始する。

■2種のエンジン、4グレードで展開

既報のとおり、2008年8月にデビューした「キャデラックCTSスポーツワゴン」が日本でも発売されることになった。

外観は、CTSセダン同様にエッジの利いたシルエットに加え、ワゴン独自の縦型リアコンビランプが特徴。肝心の荷室は、フル乗車状態で720リッターの容量を確保する。

パワーユニットは、高出力低燃費を謳う新型の3リッター直噴V6(273ps、30.8kgm)が基本で、装備の異なる3つのグレードの「CTSスポーツワゴン3.0」に搭載される。

それぞれの価格は、ベーシックグレード、「スタンダード」が515万円。HDDナビゲーションシステムやBOSE 5.1chサラウンドシステムなどが標準となる「ラグジュアリー」が544万円。さらに、ベンチレーションシートやパッシブエントリー、キーレスイグニッションなどの快適装備を加えた、「プレミアム」が575万4000円。

3.6リッターV6(311ps、38.1kgm)を積む、「CTSスポーツワゴン3.6 プレミアム」も受注生産ながら666万円で用意される。

■ほかCTSファミリーも小変更

ほか「キャデラックCTS」シリーズについても、2010年モデルではそれぞれ小変更が実施される。

「キャデラックCTSセダン」は、従来の2.8リッターV6エンジンに代えて、新しい3リッターV6エンジンを投入。既存の3.6リッターモデルとともに、以下の価格で2010年1月から販売される。

・「CTSセダン3.0 スタンダード」:490万円
・「CTSセダン3.0 ラグジュアリー」:519万円
・「CTSセダン3.0 プレミアム」:548万4000円
・「CTSセダン3.6 プレミアム」:639万円

スーパーチャージャー付きの6.2リッターV8を搭載するハイパフォーマンスモデルの「CTS-V」は、「CTS-V プレミアム」と名を変え、新たに装備を簡略化した“素”の「CTS-V」を設定。こちらも2010年1月の発売となる。

・「CTS-V」:870万円
・「CTS-V プレミアム」:955万円

(webCG 関)

キャデラック史上2番目のワゴンとなる、「CTSスポーツワゴン」。
キャデラック史上2番目のワゴンとなる、「CTSスポーツワゴン」。 拡大
 
「キャデラックCTSスポーツワゴン」、日本上陸の画像 拡大
 
「キャデラックCTSスポーツワゴン」、日本上陸の画像 拡大
「CTS-V」
「CTS-V」 拡大

関連キーワード:
CTSスポーツワゴンキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTSスポーツワゴン 3.0プレミアム(FR/6AT)【試乗速報】 2010.2.22 試乗記 キャデラックCTSスポーツワゴン 3.0プレミアム(FR/6AT)【試乗速報】
    ……575万4000円

    「キャデラックCTSスポーツワゴン」が日本上陸。長年ワゴンを愛用するリポーターが感じた、その出来映えは?
  • キャデラックCTSスポーツワゴン 3.6プレミアム(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2010.5.7 試乗記 ……691万2000円
    総合評価……★★★★

    「キャデラックCTS」に加わった、ワゴンモデルに試乗。「スポーツワゴン」を名乗る、その走りと使い勝手をリポートする。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
ホームへ戻る