【スペック】全長×全幅×全高=4342×1801×1231mm/ホイールベース=2415mm/車重=1275kg/駆動方式=MR/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(320ps/7200rpm、37.7kgm/4750rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【海外試乗記】

全身筋肉 2009.12.11 試乗記 ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)

最もスポーティなボクスター、「ボクスター スパイダー」に初試乗。カリフォルニアの陽の下で対面した、ライトウェイトスポーツカーの走りはいかに?

テーマは軽量化

「スパイダー」を名乗る“ボクスターファミリー3番目の兄弟”が、ポルシェのヒストリーの中でも特に重要な、往年のいくつかのミドシップ・オープンモデルにオマージュを抱いた存在である事は言うまでもないだろう。実際、サイドシル上部を彩るちょっと懐かしい書体の「PORSCHE」のロゴなどは、そうした思いが象徴的に表現されたアイテムだ。

しかし、ポルシェというのはいつの時代においても、単なるノスタルジーのみに頼ったクルマづくりなどは行った試しがない。2009年の自動車シーンを締めくくるイベントであるロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアが行われた、この「ボクスター スパイダー」も、まさにそうしたクルマづくりのフィロソフィーをあらためてアピールする存在。そして、今回そこに盛り込まれたテクノロジーの主役は、ずばり「軽量化」だ。

価格や生産性に課題を残す特殊な素材を用いるわけではないにも関わらず、周辺ライバル車に比べるとトータルでは極めて軽いのがポルシェのスポーツカー。そんな特徴の持ち主であるボクスターをベースとしながら、さらなる徹底的な軽量化にトライしたのがこのボクスター スパイダーだ。そうした結果によるMT仕様で1275kgという重量は、同じ3.4リッターの心臓を積む「ボクスターS」に比べて80kgのマイナス。加えて、20mmローダウンの専用サスペンションの装着や電動ソフトトップを脱ぎ捨てたことなどにより、重心高は25mmダウンされたという。

そう、「ストライキングドーム」なる膨らみを備えたアルミ製リアリッドを手に入れて、オリジナルモデルとは一線を画した魅力的なリアビューを見せつけるスパイダーは、ボクスター13年の歴史の中にあっても最も“走り”に特化した1台。そんなモデルの国際試乗会が、冬なお陽光眩しい米国はカリフォルニアを舞台に開催されたのは、半ば当然だろう。何故ならば、“手動巻上げ式”の簡易型ソフトトップを標準装備するとはいえ、そこはあくまでも「デフォルトの姿はオープン」というのがこのモデル。テストドライブを晴天の下で行えることが、必須の条件であるからだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る