「日産エクストレイル」に新グレード追加、装備見直しも

2009.12.09 自動車ニュース
「エクストレイルXtt」
「日産エクストレイル」前後席シートヒーター採用の新グレード

「日産エクストレイル」に新グレード追加、装備見直しも

日産自動車は2009年12月9日、SUV「エクストレイル」のグレード体系を見直し、あわせて一部装備を変更して発売した。

■シートヒーターが前後席に

今回、「Xtt」グレードが新設された。従来の上級グレード「X」をベースに、フォグランプと前後席シートヒーターを採用。さらに後席には、ヘッドレストの左右が倒れる「リアシートリラックスヘッドレスト」が新たに設定された。
4WD車では、アクセルペダルを離しても一定のスピードで走行を続ける「ASCD(オートスピードコントロール装置)」も標準装備となった。

同時にグレード体系の見直しも行われ、FF車ではベーシックな「S」、上級の「Xtt」の2グレード展開に変更。4WD車は、「S」(2リッターのみ)と「Xtt」(2と2.5リッター)に加えて、クリーンディーゼル搭載の「20GT」がラインナップする。
また、今回の変更を機に、内装色はブラックのみに改められた。

価格は205万8000円から299万2500円まで。

「アクシス パフォーマンススペック」
「アクシス パフォーマンススペック」
「ドライビングギア」
「ドライビングギア」

■スタイリッシュな特別仕様車

日産自動車の関連会社オーテックジャパンが手がける、「大人のための高級上質なオンロードSUV」をテーマとするカスタマイズモデル「アクシス」シリーズも、ベース車同様の変更をうけた。専用チューンドサスペンションやタワーバー、スポーツマフラーなどが装備される「アクシス パフォーマンススペック」もラインナップする。

さらに、特別仕様車「ドライビングギア」もベース車の仕様変更に合わせて継続される。同車は、「20S」をベースに、18インチアルミホイールやサイドガードモール、ルーフスポイラーなど、スタイリッシュなエクステリアパーツを装着したモデルである。インテリアにも本革巻きのステアリングホイール/シフトノブ、ジャージを用いたシート地などが備わる。価格は242万5500円。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース