ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジ

2012.10.12 自動車ニュース

ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、SUVの「CR-V」をマイナーチェンジし、2012年10月11日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグなどを全車に標準装備としたほか、ボディーカラーに「オブシダンブルー・パール」などが追加され、全6色のカラーバリエーションとなった。

また、純正ナビゲーション(ホンダインターナビ+リンクアップフリー+センターディスプレイ+ナビゲーション連動ETC車載器)と本革シート(運転席&助手席シートヒーター+運転席8ウェイパワーシート+運転席ランバーサポート)を標準装備とした「レザーパッケージ」が設定された。

価格は、2リッターFFの「20G」が250万円、「20Gレザーパッケージ」が300万円。2.4リッター4WDの「24G」が277万円、「24Gレザーパッケージ」が327万円。

(工藤考浩)

「ホンダCR-V」
「ホンダCR-V」
新色の「オブシダンブルー・パール」
新色の「オブシダンブルー・パール」

ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジの画像
「CR-V 20Gレザーパッケージ」のインテリア。
「CR-V 20Gレザーパッケージ」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)【試乗記】 2012.3.5 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)
    ……352万円

    燃費、快適性、機能性、そして走破性の改善と、全方位の進化がうたわれる新型「CR-V」。その日常性能を試すために、上級の「24G」グレードで箱根を目指した。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
ホームへ戻る