スズキとフォルクスワーゲン、業務資本提携へ

2009.12.09 自動車ニュース

スズキとフォルクスワーゲン、業務資本提携へ

2009年12月9日、スズキと独フォルクスワーゲンAGの2社は、包括的な提携関係を構築することに合意し、契約を交わしたと発表した。

日本のスズキとドイツのフォルクスワーゲン、ふたつの自動車メーカーが提携する見通しとなった。

1981年以来ゼネラルモーターズと資本提携を続けるも、経済不況の影響で2008年末には関係に終止符が打たれたスズキ。その2008年度(3月期)の販売台数は、四輪車が230万台、二輪車が328万台で、売り上げ高は約3兆円とされる。同社は現在、国内だけでなくインド、ハンガリー、中国、インドネシアなどへの海外進出に力を入れており、34の生産会社を有する。

一方のフォルクスワーゲンは、2008年に630万台の四輪車を販売し、1138億ユーロ(邦貨にして約16兆4000億円)を売り上げた。生産拠点の数は、世界61カ所にのぼる。

今回の提携は、「商品ラインナップおよび生産販売地域において相互に補完しあい、更に世界的にニーズが高まる環境技術へ共同で対応することにより、それぞれの特長を生かすため」(プレスリリース)。

今後、フォルクスワーゲンがスズキの株式の19.9%を取得、スズキはフォルクスワーゲンが同社の株式取得に要した金額の半分を上限に、フォルクスワーゲン株を取得する予定。
「お互いの経営の自主性を尊重しながら協力関係を構築し、更なる成長が見込まれるエマージングマーケットへの対応や、環境性能に優れた小型車の開発・供給などを中心に、提携の相乗効果を目指す」という。

(webCG)

スズキとフォルクスワーゲン、資本提携へ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。