【スペック】XC70 T6 SE AWD(手前):全長×全幅×全高=4840×1890×1605mm/ホイールベース=2815mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=624.0万円(テスト車=668.0万円/セーフティパッケージ=25.0万円/ファミリーパッケージ=4.0万円/セキュリティーパッケージ=15.0万円)

ボルボXCシリーズ【試乗記】

上質、安全だけじゃなく…… 2009.12.09 試乗記 XC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC70 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
……638.0万円/668.0万円/624万.0円
ボルボの2010年モデルを集めた試乗会にスーザン史子が参加。クロスオーバー「XC」シリーズを、まとめて乗り比べてみた。

乗り心地は、ふんわりモチっと

数年前に、ボルボのホームタウンである、スウェーデンのイエテボリを訪れたときのこと。てんこ盛りのロブスターをよそに、ワタシが夢中で頬張っていたのは、パン! 皮が薄く、中はふんわりモチッとしていて、ほんのり甘みのあるパンが、それはそれは美味しくて、「このパンがあればシアワセ〜!」なんて、つい食べ過ぎてしまったんでした。おかげで日本に帰るころには、すっかりデブに。
この食感って、ボルボ車に共通する、癒しの乗り心地にも似ているんですよ。もしかしたら、開発者も気がつかないうちに、主食であるパンが、その国のクルマの乗り心地を決めるうえでの重要な試金石になっているのかも……ってのは、オーバーかな?

それに、スウェーデンではそれほどお金持ちでなくても、別荘かボートを持っているんですって。入り江ごとに点在するマリーナでは、船の上で食事をするファミリーをよく見かけたけれど、ボルボに乗っているってだけで、そんな優雅な気分を満喫できるような気がするんです。ボルボ車って、実用的だけど、シアワセ度満点のリゾートカーでもあるんですよね。

今回乗り比べたのは、「XC」3兄弟。なかでも、2009年8月末に発表されたばかりの「XC60」は、世界で初めて「シティセーフティ」が標準装備となった注目のモデル。一見するとボディが大きく、扱いにくそうな印象だったけれど、実際に運転してみると意外や意外。シートポジションは高めとはいえ、片足を地面につけたまま腰を下ろせて、乗り降りにムリのない高さだし、見切りも悪くないから、ボディの大きさを感じさせない。

足まわりは適度に硬めで、ロールもほとんど感じられないけれど、芝の上を走っているような、角のとれたしっとり感がある。スポーティ仕上げなのに癒しがある、ここがボルボらしい乗り心地なんですよね。

「XC60」の内装。インテリアカラーは、アンスラサイトブラック(写真)と、サンドストーンベージュの2種類を用意。シートカラーは、オフブラック、ソフトベージュのほか、オフブラック&レモングリーン(写真)、ソフトベージュ&エスプレッソブラウンの4種類から選べる。
「XC60」の内装。インテリアカラーは、アンスラサイトブラック(写真)と、サンドストーンベージュの2種類を用意。シートカラーは、オフブラック、ソフトベージュのほか、オフブラック&レモングリーン(写真)、ソフトベージュ&エスプレッソブラウンの4種類から選べる。
【スペック】XC60 T6 SE AWD:全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=599.0万円(テスト車=638.0万円/セーフティパッケージ=20.0万円/ファミリーパッケージ=4.0万円/セキュリティーパッケージ=15.0万円)
【スペック】XC60 T6 SE AWD:全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=599.0万円(テスト車=638.0万円/セーフティパッケージ=20.0万円/ファミリーパッケージ=4.0万円/セキュリティーパッケージ=15.0万円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その25) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ボルボのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る