「ロータス・エリーゼ」に復刻版!? 「クラブレーサー」発売

2009.12.09 自動車ニュース

「ロータス・エリーゼ」に復刻版!? 「クラブレーサー」発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは、2009年12月4日、36台限定のニューモデル「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」の受注を開始した。

「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」は、「エリーゼS」をベースに、1960年代に登場したロータスの名車「エリート」や「エラン」で使われたカラーリングを施した限定モデル。4色のボディカラー(エリートイエロー、カーボングレー、スカイブルー、オールドイングリッシュホワイト)が用意される。

エンジン出力等のスペックこそ「エリーゼS」と同じだが、センタートンネルをボディ同色とし、アクセントにシルバーとブラックを添えるなど、インテリアにも独自のトータルなスポーティ感を演出。
さらに、シフトレバーやハンドブレーキレバーはアンスラサイト仕上げとされ、シートにはクラブレーサーを示す「CR」のロゴが刺繍される。

価格は、ベースモデルより19.0万円高い498.0万円。顧客のもとへは、2010年春に届けられるとのことである。

(webCG 関)

「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」。写真のボディカラーはオールドイングリッシュホワイト。
「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」。写真のボディカラーはオールドイングリッシュホワイト。 拡大
インテリアの様子。こちらは「スカイブルー」のもの。
インテリアの様子。こちらは「スカイブルー」のもの。 拡大

「ロータス・エリーゼ」に復刻版!? 「クラブレーサー」発売の画像 拡大

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
ホームへ戻る