目指すは5連覇! チーム・ランドクルーザー、「ダカールラリー2010」に意欲

2009.12.08 自動車ニュース

目指すは5連覇! チーム・ランドクルーザー、「ダカールラリー2010」に意欲

トヨタ車体は2009年12月8日、「ダカールラリー2010 アルゼンチン〜チリ」参戦を前に、千葉県木更津市のテストコースで最終訓練の様子を披露した。

■厳しい時代に、いざ挑戦

“パリダカ”の名で知られる、「ダカールラリー」。1979年からアフリカで開催されてきた伝統のラリーレイドだが、2008年は現地の政情不安により中止。2009年は舞台を南米に移すこととなった。
32回目を迎える2010年大会も、コースはアルゼンチンとチリにまたがる9000km。改造車と市販車、二輪車と四輪車が混走するなかで争われる。

2009年には名門の三菱が参加を取り止めるなど、昨今の経済不況も影を落とすダカールラリーだが、2005年以来市販車部門で4連覇しているトヨタ車体の「TLC」(チーム・ランドクルーザー)は、「トヨタ・ランドクルーザー200」で今年も参戦。チームスタッフの面々が、現地への渡航前に意気込みを語った。

1号車を駆るのは、2004年以来ダカールラリーに挑む三橋淳選手だ。市販車クラスの4位(総合31位)に終わった2009年の大会は、アフリカと異なる砂漠の質などに戸惑いもあったとのことだが……?
「クルマは基本的に2009年と変わりません。細かい改良が施されているぶん、ミスしなければ勝機はあるはずです」。「モータースポーツにとって厳しい時代にあえて参戦するからには、クラスはもちろん総合でも優勝して、このレースの存在をアピールしたいです」と意欲を見せる。

トヨタ車体の2号車にナビゲーターとして乗り込むもうひとりの日本人、三浦昂(あきら)選手は、2007年と2009年にクラス優勝を果たしている。
「今年は(予算の関係などで)サポート体制が手薄になるので、マシンを壊さないよう大事に走らないと……」などと苦笑いしつつも、「過去に勝っていることの気負い? ありません。むしろ、フランス人ドライバー(二コラ・ジボン選手)とのやりとりなど、楽しみのほうが多いです」と笑顔で答えた。

森達人TLC監督も、「マシンは今まさに、海の上を現地に向かっています。とてもいい仕上がりですよ」と、気合十分。スタッフの多くは、クリスマス前後に現地入りするとのことだった。
そんな次戦のダカールラリーは、2010年の1月1日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでスタートを迎える。果たして市販車部門5連覇なるか!?

(webCG 関)

ランクルを前に、ラリーへの意欲を見せるTLCの3人。写真左から、三浦昂選手、森達人監督、そして三橋淳選手。
ランクルを前に、ラリーへの意欲を見せるTLCの3人。写真左から、三浦昂選手、森達人監督、そして三橋淳選手。
オートバイでのパリダカ参戦経験もある、三橋淳選手。
オートバイでのパリダカ参戦経験もある、三橋淳選手。
TLC2号車のナビゲーター三浦昂選手には2連覇がかかる。
TLC2号車のナビゲーター三浦昂選手には2連覇がかかる。
「ランドクルーザー200」も武者ぶるい? 会場で豪快なデモランを披露した。
「ランドクルーザー200」も武者ぶるい? 会場で豪快なデモランを披露した。
ジャンプ一番! マシンは、トヨタ車体の食堂や取引先などから回収した廃食油を使った、バイオディーゼル燃料で走行。環境面もアピールされる。
ジャンプ一番! マシンは、トヨタ車体の食堂や取引先などから回収した廃食油を使った、バイオディーゼル燃料で走行。環境面もアピールされる。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る