「メルセデスCL」に、音にこだわる特別仕様車

2009.12.08 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」に高級オーディオ搭載の特別仕様車

「メルセデス・ベンツCL」に、音にこだわる特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2009年12月3日、ラクシャリークーペ「CL550」に、専用のカーオーディオを搭載した特別仕様車「CL550 Sound Suite」を発表した。限定5台で発売される。


「メルセデス・ベンツCL」に高級オーディオ搭載の特別仕様車

5.5リッターV8エンジン搭載の「CL550」をベースとする特別仕様車「CL550 Sound Suite」は、このクルマのために独自に開発された高級コンプリートカーオーディオを搭載するモデル。

ソニックデザインが手がけたこのカーオーディオには、独自技術「SonoRevive(ソノリバイブ)」が用いられた。これは、純正オーディオのアナログ音声出力を、最小限の劣化で高精度に取り出すというもの。さらに、システムの中核となるデジタルプロセッサーアンプは、高音質のみならず、小型・軽量であることも追求され、電力消費が抑えられたという。

スピーカーモジュールも同車専用に開発されたもので、音楽の主要帯域を左右1組のドアユニットで再生するスーパーフルレンジ思想が採り入れられた。エンクロージュアには、モノブロック構造の専用アルミダイキャスト製を使用。ユニットと一体設計とされ車外への音漏れを抑えているという。サブウーファーシステムも車内形状にあわせて設計され、車内や荷室容量を犠牲とせずに、サイズを超越した圧倒的なパワーを発揮すると謳われる。
また、乗車人員、乗車位置、ドアの開閉、後退時などで、音量や音場、音質を自動で調整する機能も備えている。

ステアリング位置は左右から選べる。価格はベース車より361万円高い1950万円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る