【スペック】TZ-G:全長×全幅×全高=4760×1885×1885mm/ホイールベース=2790mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4リッターV6DOHC24バルブ(276ps/5600rpm、38.8kgm/4400rpm)/価格=475万円(テスト車=586万8250円/レーダークルーズコントロール&プリクラッシュセーフティシステム=14万7000円/リアフォグランプ&寒冷地仕様=2万3100円/チルト&スライド電動ムーンルーフ=10万5000円/ルーフレール=2万6250円/HDDナビゲーションシステム&プラド・スーパーライブサウンドシステム=81万6900円)

トヨタ・ランドクルーザー プラドシリーズ【動画試乗記】

さすがリアルオフローダー 2009.12.08 試乗記 トヨタ・ランドクルーザー プラドTZ-G(4WD/5AT)
……586万8250円

2009年9月に、7年ぶりのフルモデルチェンジで新型に生まれ変わった「ランドクルーザー プラド」。“オン&オフ万能”を目指したという4代目の走りを、動画でレポートする。

さすがリアルオフローダー

新型「ランドクルーザー プラド」の圧巻は、並はずれたオフロード性能。一見不可能と思えるような急な坂道やモーグルも、グングン走破してしまうのだ。このあたり、さすが海外で高い評価を得ている走破性の持ち主だけある。
同時に、オンロードでの快適性やファミリーワゴンとしての使い勝手の面でもプラドは期待を裏切らない。イザというときの頼もしい走破性と日常における実用性のバランスが、新型ランドクルーザー プラドの魅力だ。

【前篇】新型のハイライトを紹介

【中篇】オンロード・インプレッション

【後篇】オフロード・インプレッション

(Report=熊倉重春)


トヨタ・ランドクルーザー プラドシリーズ【動画試乗記】の画像

トヨタ・ランドクルーザー プラドシリーズ【動画試乗記】の画像

トヨタ・ランドクルーザー プラドシリーズ【動画試乗記】の画像
(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
ホームへ戻る