リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】

2009.12.07 自動車ニュース

【LAショー09】リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表

独フォルクス・ワーゲンは2009年12月4日、北米で開催中のロサンゼルスショーにおいて、新しいコンセプトカー「Up!Lite(アップライト)」を初公開した。

「Up!Lite」は、フォルクス・ワーゲンが「先進的で燃料効率に優れ、あらゆる面において巧みにデザインした」とアピールする、4シーターのハイブリッドカー。
世界が抱えるエネルギー問題に対応すべく、ハイブリッドやターボディーゼルの技術をダウンサイジングすることで内燃機関のさらなる効率化を図るという、同社の将来的なビジョンを具現するモデルである。

キモとなるのは、0.8リッターと排気量の小さい、2気筒ターボディーゼルと電気モーターを組み合わせるハイブリッドユニット。システム全体の出力はわずか65psに過ぎないが、全長×全幅×全高=3.84×1.40×1.60m、車重695kgの小型軽量ボディのおかげで、リッターあたり40.98kmの燃費をたたき出すとされる。
効率のよい7段DSGトランスミッションやアイドリングストップ機能も、好燃費を支えるポイント。CO2の排出量は、2015年にヨーロッパで実施される削減規制値(120g/km)の半分に迫る65g/kmでしかない。

ハッチバックタイプのスポーツカーに例えられる外観は、LEDのランプ類や18インチホイールをポイントとしつつ伸びやかにデザインされた、ワンモーションフォルム。ドアミラーを小型サイドカメラに置き換えるなどして、空気抵抗の低減が図られている(Cd値=0.237)。

そんな「Up!Lite」は、市場へのフィードバックを意識したモデルで、コンポーネントの多くは、2011年末の市販予定モデルシリーズ「ニュースモールファミリー」にも使われる見込みだという。

(webCG 関)

「フォルクス・ワーゲンUp!Lite」
「フォルクス・ワーゲンUp!Lite」 拡大

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像 拡大

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像 拡大

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像 拡大

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲンロサンゼルスモーターショー2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「up! GTI」を日本に導入すると発表。コンパクトなボディーに最高出力116psの1リッター直3ターボエンジンを搭載したホットハッチで、トランスミッションには6段MTが組み合わされる。日本では台数600台の限定販売となる。
ホームへ戻る