リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】

2009.12.07 自動車ニュース

【LAショー09】リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表

独フォルクス・ワーゲンは2009年12月4日、北米で開催中のロサンゼルスショーにおいて、新しいコンセプトカー「Up!Lite(アップライト)」を初公開した。

「Up!Lite」は、フォルクス・ワーゲンが「先進的で燃料効率に優れ、あらゆる面において巧みにデザインした」とアピールする、4シーターのハイブリッドカー。
世界が抱えるエネルギー問題に対応すべく、ハイブリッドやターボディーゼルの技術をダウンサイジングすることで内燃機関のさらなる効率化を図るという、同社の将来的なビジョンを具現するモデルである。

キモとなるのは、0.8リッターと排気量の小さい、2気筒ターボディーゼルと電気モーターを組み合わせるハイブリッドユニット。システム全体の出力はわずか65psに過ぎないが、全長×全幅×全高=3.84×1.40×1.60m、車重695kgの小型軽量ボディのおかげで、リッターあたり40.98kmの燃費をたたき出すとされる。
効率のよい7段DSGトランスミッションやアイドリングストップ機能も、好燃費を支えるポイント。CO2の排出量は、2015年にヨーロッパで実施される削減規制値(120g/km)の半分に迫る65g/kmでしかない。

ハッチバックタイプのスポーツカーに例えられる外観は、LEDのランプ類や18インチホイールをポイントとしつつ伸びやかにデザインされた、ワンモーションフォルム。ドアミラーを小型サイドカメラに置き換えるなどして、空気抵抗の低減が図られている(Cd値=0.237)。

そんな「Up!Lite」は、市場へのフィードバックを意識したモデルで、コンポーネントの多くは、2011年末の市販予定モデルシリーズ「ニュースモールファミリー」にも使われる見込みだという。

(webCG 関)

「フォルクス・ワーゲンUp!Lite」
「フォルクス・ワーゲンUp!Lite」

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像

リッター40km以上! VWが新コンセプトカー「Up!Lite」を発表【LAショー09】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る