【スペック】RS“Sパッケージ”:全長×全幅×全高=4275×1760×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6200rpm、18.4kgm/3800rpm)/価格=225万円(テスト車=255万3083円)

トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】

美尻でMT復権を 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
……255万3083円

大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。

AKBが自動車界を変える!?

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の新型がパリサロンに登場して、仮想敵の姿がはっきりした。これからヨーロッパでは「トヨタ・オーリス」のしんどい闘いが繰り広げられるのだろうが、日本では“vsゴルフ”という構図はあまり前面には出てこない。オーリスで注目される要素といえば、ひとつはデザインだろう。そしてもうひとつは、マニュアルトランスミッションを大きくフィーチャーしていることだ。

試乗車がMTだと聞いて、ずいぶんニッチなモデルに乗るのだなあと思ったのだが、そういうわけでもないらしい。マスコミ向けの試乗会では、用意されたクルマの半分がMTだったというのだ。もちろん、販売台数の半数がMTになると考えているはずはないが、重要なアピール点がここにあることは確かだ。「86(ハチロク)」でスポーツカー復権をテーマに掲げているトヨタは、MTのオーリスを投入することでさらなる「Fun to Drive Again」の展開をもくろんでいるのだろうか。

とはいえ、ATが圧倒的な多数派となった現在、そもそもMT車を運転できる人は絶滅危惧種となっている。そこにも、トヨタはちゃんと手を打っていた。アイドル界の独占企業となったAKB48を使ったキャンペーンが進行していたのだ。『AKB自動車部』という深夜番組を作って、あっちゃんこと前田敦子を自動車学校に送り込んだ。

彼女が選んだのは、マニュアル免許コースである。片山右京から坂道発進の極意を伝授されるなどのサポートもあって、みごと仮免に合格した。篠田麻里子や峯岸みなみも、MT免許取得に向けて勉強を開始したとのことだ。AKBファンが大挙してMT車に乗るようになれば、クルマの売れ行きに大変化が生じるはずである。番組自体が突然終了してしまったことが気がかりではあるが。

シフトパターンは左上がリバース。プルカラーを引き上げて操作する。
シフトパターンは左上がリバース。プルカラーを引き上げて操作する。

トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】の画像
“Sパッケージ”装着車のメーターパネルは、中央部にマルチインフォメーションディスプレイが備わる2眼タイプとなる。
“Sパッケージ”装着車のメーターパネルは、中央部にマルチインフォメーションディスプレイが備わる2眼タイプとなる。

トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る