【スペック】全長×全幅×全高=4877×1983×1697mm/ホイールベース=2933mm/車重=2450kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500-6400rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)、モーターA(91ps、26.5kgm)、モーターB(86ps、28.6kgm)(欧州仕様車)

BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【海外試乗記】

初モノとは思えない 2009.12.07 試乗記 BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)

BMW初のフルハイブリッドシステムが、「X6」に搭載された。マイアミでの試乗会に参加したリポーターは、その完成度の高さに「ハイブリッドニッポン」の危機を感じたという。

日本のお家芸を脅かす

ハイブリッドカーといえば日本メーカーのお家芸――たしかに、1997年末に「世界初の量産ハイブリッドカー」である「トヨタ・プリウス」の初代モデルが発売されて以来、そんな状況が続いてきた。そうした事実をもって「ハイブリッドカー技術は日本メーカーの独壇場」、「海外メーカーは日本のテクノロジーには当分追いつけない」という見方もあるし、実はボクもおおむねそのように思っていた。ハイブリッドカーもしくはEV(電気自動車)の分野では日本のトップの座はしばらく安泰。少なくともこの先10年、いや15年は、海外メーカーの追撃から楽に逃げ切ることができるであろう、と……。

けれども、ここに来てどうやら「それは幻想だった」と考えを改めざるを得ないようだ。なぜならば、BMWが来る2010年の発売を公言しつつ世に問うたハイブリッドモデルの出来栄えが、十分に“商品”として足るものであることを知ってしまったからだ。米国フロリダ州マイアミの街を拠点に開催された国際試乗会で、そんな印象をボクに知らしめたのは「アクティブハイブリッドX6」。まずはその概要を紹介しておこう。

ベースとして用いられたのは、先般追加の「X6M」を別格とすればX6ラインナップの頂点に君臨してきた「50i」。407psと61.2kgmの最高出力/最大トルクを発するのは4.4リッターのV型8気筒エンジンで、Vバンクの内側に2基のターボチャージャーを含めた排気系を集約するという、通常とは逆のレイアウトを採用し、過給効率のアップを図ったのが大きな特徴だ。
ハイブリッドモデルではその50iの心臓はそのままに、組み合わされていた6段ATを、役割の違う2基のモーターと、3組のプラネタリーギア、4セットのクラッチからなる「ハイブリッド・トランスミッション」に置き換えた。この新しいユニットを巧みに電子制御して、エンジンからの動力による走行、モーターでの走行、両者を織り交ぜての走行を可能とした、いわゆる「シリーズ・パラレル方式」によるフルハイブリッドシステムを構築する。

 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像
 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像
「ハイブリッド・トランスミッション」の透視図。(1)部分に「モーターA」、(2)部分に「モーターB」が組み込まれている。
「ハイブリッド・トランスミッション」の透視図。(1)部分に「モーターA」、(2)部分に「モーターB」が組み込まれている。
関連記事
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X6 M (4WD/6AT)【試乗記】 2009.12.2 試乗記 BMW X6 M (4WD/6AT)
    ……1524万1000円

    「BMW X6」に新しく追加された「Mモデル」。555psのド級パワーを誇る、ハイパフォーマンスSUVの走りを試す。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
ホームへ戻る