第120回:マニフェスト達成!! 「フィアット500教習所」のその後

2009.12.05 エッセイ

第120回:マニフェスト達成!! 「フィアット500教習所」のその後

教習車すべてが「フィアット500」

ボクが住むシエナの街でいち早く「フィアット500」を導入した自動車教習所があることは、2008年5月の本欄で紹介した。その“フィアット500教習所”がその後どうなったのか、ちょっと訪ねてみることにした。

世界遺産にも登録されている煉瓦造りの街並み。そのド真ん中にある「バルツァナ自動車教習所」のドアを開ける。すると、インストラクター兼共同経営者のヴァルテルさんが出迎えてくれた。どこか梨本勝を思わせる、イイおじさんである。

この国の他の教習所同様、ヴァルテルさんの教習所も、学科の開講時間は週にわずか4、5時間だ。そのうち半分は、教習生が大学や高校が終わったあとに来やすいよう、夜の6時に始まる。したがって、午前中の部である9〜10時の学科講習が終わったあとの事務所は、どこかのんびりした時間が流れている。

「今、ウチは教習車4台すべてがフィアット500だよ」とヴァルテルさんは誇らしげに答えた。1年前、最初の1台を導入したとき、「これから4台の教習車すべてをフィアット500にする」と言っていたが、マニフェストを守ったわけである。

なお、バルツァナ教習所の500は、すべて1.3リッターマルチジェット・ディーゼル仕様である。日本未導入だが、イタリア自動車工業会が毎月発表するディーゼル車登録ランキングでは、トップテンの常連だ。
この教習所の場合、ガソリン仕様を教習車に使っていたのは、ディーゼル仕様がなかった初代「ランチア・イプシロン」まで。その後は燃費のよいディーゼル車をずっと使っている。

バルツァナ自動車教習所前。ずらりと並んだ「フィアット500」。
バルツァナ自動車教習所前。ずらりと並んだ「フィアット500」。
インストラクターのヴァルテルさん(右)。
インストラクターのヴァルテルさん(右)。
大矢アキオが記録していたバルツァナ教習所車両の変遷。
初代「ランチア・イプシロン」(1999年1月)。
大矢アキオが記録していたバルツァナ教習所車両の変遷。初代「ランチア・イプシロン」(1999年1月)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。