【スペック】全長×全幅×全高=4650×1820×1480mm/ホイールベース=2700mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(188ps/6500rpm、23.5kgm/4000rpm)/価格=299万7750円(テスト車=302万9250円/プレミアムシルバーメタリック(有料塗装色)=3万1500円)

スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】

“伸びしろ”のあるデビュー作 2009.12.04 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
……302万9250円

2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?

3シリーズとA4の中間

2009年の東京モーターショーで、サプライズを用意していた数少ないメーカーのひとつがスズキだ。事前情報なしに、新型4ドアセダン「キザシ」をお披露目したのだ。しかも、プレスデイ初日の10月21日より販売も開始するというから、もう一度びっくり。で、ショー会場で配られたスペック表を見て、さらにびっくり。2.4リッター直列4気筒エンジンを積む「スズキ・キザシ」の外寸は4650×1820×1480mmと、かなりでかいのだ。「BMW3シリーズ」が4540×1800×1440mm、「アウディA4」が4705×1825×1440mmだから、ちょうどこの2台の間にすっぽり収まる堂々としたサイズ。欧州市場における、いわゆる「Dセグメント」に属することになる。

幕張での初対面からひと月半、路上で再会した「キザシ」は、それほど大きいとは思わなかった。それは、外観のスタイリングにギュッと固めた“凝縮感”があるからだ。小さいものに肉付けするのではなく、大きな塊を彫刻刀で削り出したようなデザインは、なかなかカッコいい。「SX4」や「スイフト」など、最近のスズキ風味のフロントマスクも精悍だし、プリッと張りのあるリアの曲面も魅力的だ。ただし、個性も華もあるエクステリアに比べるとインテリアは平凡。躍動感のある外観にマッチする、スポーティな演出などがあってもいいと思う。

FF仕様も用意されるけれど、試乗したのはパートタイム式の4WD仕様。ダッシュボードのスイッチでFFと4WDを切り替えることができる。まずはFFでスタート、タウンスピードでの乗り心地はいい。そういえば、マイチェン後の「スズキ・エスクード」もかっちりしたボディとよく動くサスペンションで乗り心地は快適だったけれど、あの感じに近い。少し重めのパワステの設定といい、しっとりと大人っぽいセダンだというのが第一印象。けれど、ストップ&ゴーや加減速を繰り返すうちに、不満な点が見えてきた。クルマの重さに対してエンジンの力が足りないような、苦しい感じが伝わってくるのだ。

「キザシ」とは、スズキが“世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する”という想いを込めたネーミング。北米市場にも投入する、スズキの新しいフラッグシップとなる。日本仕様は受注生産となり、ボディカラーも銀、黒、白の3色のみ。
「キザシ」とは、スズキが“世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する”という想いを込めたネーミング。北米市場にも投入する、スズキの新しいフラッグシップとなる。日本仕様は受注生産となり、ボディカラーも銀、黒、白の3色のみ。
レザーシートにダブルステッチをあしらったり、メッキ部分にサテン加工を施すなど、いろいろと工夫されているインテリア。これで、キザシならではの個性があれば……。ETCユニットや左右独立式のエアコンは標準装備、HDDナビは28万5285円のディーラーオプション。9つのエアバッグとESPは標準で装備される。
レザーシートにダブルステッチをあしらったり、メッキ部分にサテン加工を施すなど、いろいろと工夫されているインテリア。これで、キザシならではの個性があれば……。ETCユニットや左右独立式のエアコンは標準装備、HDDナビは28万5285円のディーラーオプション。9つのエアバッグとESPは標準で装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る