「トヨタ・ウィッシュ」一部改良で、燃費向上

2009.12.03 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」一部改良で、燃費向上

トヨタ自動車は、3列シートミニバン「ウィッシュ」を一部改良し、2009年12月2日に発売した。

今回の改良では、1.8リッターモデル「X」(FF/4WD)と「S」(4WD)において、バッテリーやオルタネーターの制御が見直され、燃費向上が図られた。10・15モード燃費は、FF車で従来比0.4km/リッターアップの16.4km/リッターに、4WD車は0.8km/リッターアップの15.2km/リッターとなった。これにより、「環境対応車 普及促進税制」の対象となり、自動車取得税と自動車重量税がFF車で75%、4WD車で50%減税される。
なお、1.8S(FF)モデル、2リッターモデルに変更はない

価格も変更なく、その他のモデルは従来どおり。

同時に福祉車両車「ウェルキャブ」シリーズにおいても、ベース車と同様の改良が施された。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る