クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】CLS63 AMG シューティングブレーク:全長×全幅×全高=5000×1881×1412mm/ホイールベース=2874mm/車重=1955kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブツインターボ(524ps/5250-5750rpm、71.3kgm/1750-5250rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツCLS シューティングブレーク【海外試乗記】

どこまでもデザイン優先 2012.10.16 試乗記 メルセデス・ベンツCLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク(FR/7AT)/CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク(FR/7AT)/CLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)

スポーツクーペ「CLS」のイメージをそのままに、ルーフを伸ばしてワゴン化した新型「CLSシューティングブレーク」。独特なプロポーションのスポーツツアラーをドイツで試した。

夜が似合うワゴン

すっかり日が落ちた試乗会場に、ポーンとライトアップされたこのクルマを見た印象は「ワゴンのくせにやたらと夜がよく似合うなぁ」というものだった。
“シューティングブレーク”のコンセプトを今更くどくどと説明することもないだろうが、それはあくまで貴族や富裕層が狩猟に用いるという、昼のお楽しみのためにしつらえられたものだった。のみならず、世のワゴンといわれるクルマが楽しげにドライブされる情景を思い浮かべてみても、それは大抵が日中の自然の中の景色と重なる。だが、このクルマは別なのだ。機能よりも純粋に形状を愛(め)でたくなる。日が落ちてからの、微妙な光の映り込みや回り込みは、そのなまめかしいお尻をグンと際立ててくれるというわけだ。

「CLSシューティングブレーク」のリアデザインは、ベースとなった「CLSクーペ」(メルセデス・ベンツ的に言えば、このクルマはクーペという扱いになるそう)の薄さや丸さをいかにワゴンボディーでも生かしきるかということに腐心したようだ。
同社のチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏は、このクルマのリア周りを指して「100%、デザイン優先で作り上げた。機能は後からついてきたものだ」と仰す。そこまで言い切るメルセデス、今まであっただろうか。安パイなブランドイメージとは対局なその言葉の裏には、彼らにとってCLSシリーズがいかにビジュアル的に特別なものであり、先代からの人気に自信を深めているかが読み取れる。

CLSシューティングブレークのディメンションはホイールベースも含めてCLSクーペのそれとほぼ同一だ。ボディーサイズも全長がわずか5〜20mmの延長にとどまっている。取り回しそのものに関しては従来と変わりはない。
リアエンドに向けてスッと流れ落ちるようなグリーンハウスのデザインは車両を上下に薄くみせることに貢献している反面、後方の見切りには悪影響を及ぼした感は否めない。無論、それらをフォローするパークトロニックやリアカメラは標準装備となる。

「CLS63 AMG シューティングブレーク」
「CLS63 AMG シューティングブレーク」 拡大
ヘッドライトには、インテリジェントライトやコーナリングライトなど合計71個のLEDを採用。アダプティブハイビームアシストも組み合わされる。
ヘッドライトには、インテリジェントライトやコーナリングライトなど合計71個のLEDを採用。アダプティブハイビームアシストも組み合わされる。 拡大
「CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。
「CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。 拡大
【スペック】CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク:全長×全幅×全高=4956×1881×1416mm/ホイールベース=2874mm/車重=1830kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)(欧州仕様車)
【スペック】CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク:全長×全幅×全高=4956×1881×1416mm/ホイールベース=2874mm/車重=1830kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)(欧州仕様車) 拡大

バランスのいいラインナップ

サスペンションはリアを含めて形式自体はクーペのそれを踏襲するものの、内容は微妙に異なっている。クーペの基準仕様ではフロントが3リンクストラット、リアがマルチリンクなのに対して、シューティングブレークはリアが同じマルチリンクながらオートレベライザー機能付きのエアサスへと変更された。これはワゴンであるがゆえの荷重変化を想定してのものだろう。そこにオプションのAMGスポーツパッケージを加えると、19インチタイヤと共に車高調整機能を備えた各輪独立可変制御の4輪エアマチックがあてがわれることになるわけだ。
ちなみにこれは「350」系においての話で、「550」系(本国ドイツでは「CLS500」と呼ばれる)ではエアマチックが標準装備。そして「CLS63 AMG」はクーペと同様、フロントがコイル、リアがエアというセットアップになる。

日本に導入されるCLSシューティングブレークのバリエーションは、すべてガソリンで、3.5リッターV6の「CLS350ブルーエフィシェンシー」、4.6リッターV8ツインターボの「CLS550 4MATICブルーエフィシェンシー」、そして5.5リッターV8ツインターボの「CLS63 AMG」という構成だ。

パワートレインのスペックはクーペと同一だが、ドライブトレインに関しては550が4MATIC(4WD)のみの設定となる。AMGほどのパフォーマンスは必要ないというラグジュアリーマーケットにおいて、SUVの代替的なポジションとしても考えてもらえる、この判断はそんな商品性を狙ってのことだろう。
一方で350は6.7秒の0-100km/h加速や250km/hリミッター作動の最高速など、十分以上の動力性能を167g/km(欧州測定値)のCO2排出量と両立させるというスマートな選択だ。無論63 AMGの速さは言うに及ばずで、500psオーバーのスポーツワゴンというまれなキャラクターが市場においては新鮮に受け止められる。

「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」(現地名:CLS500ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク)に搭載される4.7リッターV8ツインターボエンジン。
「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」(現地名:CLS500ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク)に搭載される4.7リッターV8ツインターボエンジン。 拡大
「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。
「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。 拡大
「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」
「CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」 拡大
【スペック】CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク:全長×全幅×全高=4956×1881×1421mm/ホイールベース=2874mm/車重=1955kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブツインターボ(408ps/5000-5750rpm、61.2kgm/1600-4750rpm)(欧州仕様車)
【スペック】CLS550ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク:全長×全幅×全高=4956×1881×1421mm/ホイールベース=2874mm/車重=1955kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブツインターボ(408ps/5000-5750rpm、61.2kgm/1600-4750rpm)(欧州仕様車) 拡大
「CLS63 AMG シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。
「CLS63 AMG シューティングブレーク」のインストゥルメントパネル。 拡大
「CLS63 AMG シューティングブレーク」のフロントシート。
「CLS63 AMG シューティングブレーク」のフロントシート。 拡大

車格に見合わぬ軽やかさ

CLSシューティングブレークのハイライトともいえる荷室は、容量が通常時590リッター、後席を倒せば最大1550リッターまで拡大できる。加えてフロアボード下には大容量のシークレットスペースも確保されている。「Eクラスステーションワゴン」に比べれば最大時の容量こそ見劣りはあれど、通常時のそれは60リッターくらいの差しかない。かたや真剣に積むことを考えた仕立てであることを思えば、CLSシューティングブレークの実用性は見た目の印象以上に高いという見方もできるだろう。
ちなみにフロアボードはオプションでチェリーウッドのフローリングにバージョンアップさせることも可能。オーク材を象眼仕立てでストライプとして挟み込んだ凝った作りのそれは、防水性にも配慮されたもので、機能よりも優美さを価値とするシューティングブレークのコンセプトをより際立たせる。

ワゴン化で心配されるのは、開口部拡大によるボディー剛性や音・振動の変化といった方面の悪影響だが、CLSシューティングブレークの場合、総じて快適性はクーペと比べてほぼ遜色のないところが保たれていた。特にロードノイズが荷室側から拡大されてキャビン内を巡る、ワゴンボディーにありがちな現象がしっかり抑えられていたのが印象的だ。

4人乗りの「CLS」に対して5人乗りとなる「CLSシューティングブレーク」。リアシートは3人掛けとなっている。60:40分割可倒式で、荷室側からでも操作が可能だ。
4人乗りの「CLS」に対して5人乗りとなる「CLSシューティングブレーク」。リアシートは3人掛けとなっている。60:40分割可倒式で、荷室側からでも操作が可能だ。 拡大
荷室容量は5人乗車時で590リッターを確保し、後席を倒すことで最大で1550リッターまで拡大できる。写真はオプションの「designoウッドフロア」(50万円)装着車。
荷室容量は5人乗車時で590リッターを確保し、後席を倒すことで最大で1550リッターまで拡大できる。写真はオプションの「designoウッドフロア」(50万円)装着車。 拡大
ボディーカラーは2色のオプションカラーを含め、全11色が用意される。
ボディーカラーは2色のオプションカラーを含め、全11色が用意される。 拡大

CLSクーペはプラットフォームのベースである「Eクラス」に対し、ジオメトリー変更などでロールセンターを高めつつ、アーム類のアルミ化などでバネ下重量を軽減するなど、敏しょう性を高めるチューニングが随所に施されている。つまり純然たるセダンともクーペとも違う、程よい鷹揚(おうよう)さとスポーティーさの両立が走りのウリになっているわけだが、その点はCLSシューティングブレークにも濁りなく受け継がれていた。

ドアパネルを全てアルミ化するなど軽量化が徹底されていることもあって、振る舞いには車格に見合わぬ軽やかさや爽やかさがある。その美点をさらに際立たせているのが、鼻先の軽いV6の350だ。数字から一目瞭然というわかりやすい最高級を求めなければ、多くの人にとってのベストバイは動力性能も十分なこのグレードとなるだろう。

対して63 AMGは、完全にスーパースポーツの領域に達した“ばか力”をワゴンボディーに組み合わせるという痛快感がなによりの魅力。とはいえ走りのバランスは決して不安定ではなく、普段乗りでも十分な快適性をもたらしてくれるあたりはAMGのチューニングの妙だ。その間に位置する550は全域でゆとりある動力性能と4MATICとの組み合わせで、ロングツーリングも悠々とこなす度量の深さがウリということになるだろうか。

いずれにせよ、普通のワゴンとは一線を画するラグジュアリースポーツとしてみれば、このラインナップはうまくバランスが取れている。そう、普通のセダンやワゴンでは物足りないけれど、SUVほどの威圧感は必要としない。CLSシューティングブレークのポジションは、全てを網羅しているようにみえる現在のラグジュアリーマーケットで、スポッと欠けていたピースを埋める役割を果たすのかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=メルセデス・ベンツ日本)

関連キーワード:
CLSシューティングブレークメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事