「トヨタ・ブレイド」マイナーチェンジ、よりスポーティな仕様も

2009.12.01 自動車ニュース

「トヨタ・ブレイド」マイナーチェンジ、よりスポーティな仕様も

トヨタ自動車は2009年12月1日、5ドアハッチバック「ブレイド」をマイナーチェンジして発売した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントエンブレム、ヘッドランプとリアコンビネーションランプ、アルミホイールの意匠が変更された。さらに外観にメッキ加飾、シルバー塗装のパーツを用いて、高級感を演出した。
内装での大きなトピックは、パーキングブレーキがセンターレバー式から足踏み式に変わったこと。代わりに大型センターコンソールボックスが設置され、収納スペースが拡大された。また、一部グレードには、本革表皮および快適温熱シートが標準装備された。

ラインナップには、スポーティな仕様となる2.4リッターFFの「ブレイド“Sパッケージ”」が追加された。専用フロントスポイラーと専用チューニングのサスペンションが与えられている。

3.5リッターV6エンジン搭載の「ブレイドマスターG」は、トランスミッションに手が入れられた。従来の6段ATは、トヨタブランドで初搭載となる「6-Speed Sport Direct Shift」に進化。2〜6速のギアを全域ロックアップ制御することで、動力の伝達効率を上げ、ダイレクト感を向上、さらにすばやい変速スピードをも実現すると謳われるもので、「レクサスIS F」の「8-Speed Sport Direct Shift」に採用されたものと同様の機構だ。

ボディカラーは新色のダークグリーンマイカが加えられ、全7色のラインナップ。価格は230万円から330万円まで。

(webCG 本諏訪)

「ブレイド “Sパッケージ”」
「トヨタ・ブレイド」マイナーチェンジ、よりスポーティな仕様も
「ブレイドG」のインテリア
「トヨタ・ブレイド」マイナーチェンジ、よりスポーティな仕様も
「ブレイドG」
「トヨタ・ブレイド」マイナーチェンジ、よりスポーティな仕様も

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る