【スペック】全長×全幅×全高=4625×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(265ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)/価格=784.0万円(テスト車=859.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/アウディドライブセレクト=32.0万円/アダプティブクルーズコントロール+アウディサイドアシスト=28.0万円)

アウディA5カブリオレ 3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

厳しく乗り手を選ぶ 2009.12.01 試乗記 アウディA5カブリオレ 3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)
……859.0万円

スタイリッシュなクーペ「アウディA5」に、さらなるハレを加える、オープンモデルの「カブリオレ」。肝心の走りは? 乗り心地は?

馬車がかぼちゃにならないように

「アウディA5」のカブリオレを試乗するにあたって、実に困った問題が持ち上がった。着ていく服がない!! こんなステキなカブリオレ、幌を開けたらきっとみんなが見るだろう。自分が通行人の立場だとして、「どんな優雅な人が乗っているのだろう?」と興味津々でのぞき込むことは間違いない。また、お借りした広報車両の色が、いかにもセンスがよさそうな茶色のメタリックにベージュのインテリアというのも困りモノ(?)。このエレガントな内外装に合う服がない。

40を過ぎて初めて、お城の舞踊会に行く前のシンデレラの気持ちがわかった気がする。このクルマにはきっと、重さなんてないぐらい軽くて、フワフワ柔らかくて、薄っぺらいのに暖かい、天女の羽衣みたいな洋服が似合うはずだ。もちろん、そんな洋服は持ってない。仕方がないので、ごわごわしたリーバイスのGジャンで馬車がかぼちゃに戻らないように祈りながら乗り込む。

気恥ずかしいので屋根を閉めて出発。この状態で走る限り、タウンスピードから高速走行まで、カブリオレだとは思えないくらい静かだ。それはなぜかと言いますと、本国ではオプションとなるアコースティックトップが日本仕様では標準装備されているから。これは厚手のクロス地の内部にポリウレタンフォームを充填した幌で、遮音性と気密性が高まるという。その効果はてきめん。

個人的にはソフトトップのカブリオレは少しぐらいうるさくても気にしないつもりだったけれど、静かだとやっぱり嬉しい。人間、一度ぜいたくすると元に戻れないものですね。静かなので、オプションのバング&オルフセンのカーオーディオを試したくなる。あいにくCDを持っていなかったのでいつもの通り文化放送の『くにまるワイド ごぜんさま〜』にラジオをセット、野村邦丸さんの笑い声がいつもよりよく通って嬉しい。

インテリアそのものにクーペからの大きな変更はない。シートの表面には、日光があたっても表面温度が上昇しにくい素材が使われている。
アウディA5カブリオレ 3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】
 
アウディA5カブリオレ 3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】
A5カブリオレの開発にあたって、ソフトトップを採用することは最初から決まっていたという。最大の理由はデザイン。格納式ハードトップはルーフラインの自由度が低く、幌を閉めた状態でのたたずまいの美しさを追求するとおのずとソフトトップに決まったという。また、ソフトトップのほうが重心が低くなり、走行性能向上にも寄与するとのこと。
アウディA5カブリオレ 3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る