第105回:「ラリーニッポン2009」に出場! 「AC ACE」で京都へ スーザン史子のコ・ドライバー体験記

2009.11.30 エッセイ

第105回:「ラリーニッポン2009」に出場! 「AC ACE」で京都へスーザン史子のコ・ドライバー体験記

東京から京都まで、クラシックカーで走破するイベント「ラリーニッポン」。今年初開催されたこのイベントってどんなもの? コ・ドライバーとして出場したスーザン史子がリポートします。 

日本の古き良きもの

2009年10月17〜20日の4日間に渡って開催された、クラシックカーイベント「ラリーニッポン2009」に、私、スーザン史子が出場! なんと、急な代打でのご指名で、雅楽師の東儀秀樹さんのコ・ドライバーという大役を賜りました〜。

「ラリーニッポン」って何? と思うのもそのはず、今年初めて開催されたクラシックカーイベントなんです。日本ユネスコ協会連盟が提唱する「未来遺産運動」の公式連携行事として実現しました。

集まったクラシックカーは、1969年以前に製造された歴史的にも価値の高いクルマばかり、約70台。歴史あるクルマを大切にして、後世につないで行く行為は、世界遺産を守ることにも通じるはず。このラリーイベントには、動く世界遺産であるクラシックカーで、日本の世界遺産を巡り、日本の良さや誇りを再認識・再発見しようというメッセージが込められているんです。
また、ハイブリッドカーや電気自動車など、エコカーが注目されるなか、旧いクルマを大切に長く乗ることも、ひとつのエコの形としてアピールしていきたい、そんな思いも込められています。

私がコ・ドラを務める東儀さんのクルマは、1954年式のイギリス車「AC ACE」。世界で3台しかないワークスカーのうちの1台で、歴史的にも価値のあるクルマなんです。東儀さんは、フェラーリやポルシェも乗り継いできた筋金入りのクルマ好き。数年前からクラシックカー競技に夢中で、愛車で本場イタリアの「1000MIGLIA(ミッレミリア)」にも2度出場。1年目で見事、ナショナルトロフィーを獲得した実力派。
昨年のミッレミリアには、私もイタリアまで応援に行って、東儀さんの活躍する姿を実際に見てはいたけど、突然のコ・ドライバー任命にはビックリ! しかも「本気で優勝狙ってるからね!」だって。どうしよ〜、かなりプレッシャーなんだけどぉ〜。

第105回:「ラリーニッポン2009」に出場! 「AC ACE」で京都へ スーザン史子のコ・ドライバー体験記の画像
スタート地点の東京国立劇場にはイベントに参加するクラシックカーが勢ぞろい。
スタート地点の東京国立劇場にはイベントに参加するクラシックカーが勢ぞろい。
奈良の東寺で。世界遺産とクラシックカーはよく似合う。
奈良の東寺で。世界遺産とクラシックカーはよく似合う。
ドライバーの東儀秀樹さんと。
ラリー競技は、運転をするドライバーと、コースの指示をしたり、タイムの確認など、走行の手助けをするコ・ドライバーのふたりで1組。コ・ドライバーの指示でレースの結果に大きな差がでるんです。
ドライバーの東儀秀樹さんと。ラリー競技は、運転をするドライバーと、コースの指示をしたり、タイムの確認など、走行の手助けをするコ・ドライバーのふたりで1組。コ・ドライバーの指示でレースの結果に大きな差がでるんです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ