「キャデラックCTS」ファミリーにクーペが登場

2009.11.30 自動車ニュース

「キャデラックCTS」ファミリーにクーペが登場

米ゼネラルモーターズは2009年11月28日、キャデラックのニューモデル「CTSクーペ」を発表した。

「キャデラックCTSクーペ」は、「CTSスポーツワゴン」に次ぐ、4ドアセダン「CTS」の派生モデル。CTS(全長×全幅×全高=4870×1850×1470mm)よりも51mm低く、51mm短い2ドアボディに2+2のシートレイアウトをもつ。

角ばった各コーナーや縦型のリアランプなど、キャデラックらしいディテールを残しつつ、インストゥルメントパネル、センターコンソール、ヘッドランプ、フロントフェンダー、フロントグリル以外は、CTSと異なるオリジナルパーツを採用。前後ウィンドウの傾斜を緩くし、空力的にすぐれたスタイリングを実現したという。

インテリアは、各部に手縫いステッチを施し、ハンドメイドの高級感を演出する一方、14ウェイのレカロスポーツシートをオプションで用意するなど、ドライバー志向も高められている。

ボンネット下には、304hpを発生する直噴の3.6リッターV6エンジンが納まる。高速走行時のEPA(連邦環境保護局)燃費値が11.4km/リッターを示すなど、燃費のよさも自慢だ。組み合わされるトランスミッションは6段MTを基本に、6段ATも用意される。FRはもちろん、4WDの駆動方式もラインナップする。
サスペンションのセッティングは、18インチホイールが含まれる「パフォーマンスパッケージ」と、19インチホイールを組み合わせロードホールディング性能を向上させた「サマータイヤパフォーマンスパッケージ」の2種類から選べるうえ、電子制御式のシャシーコントロールシステム「スタビリトラック」が標準で備わる。

カーナビや専用のオーディオシステム、Bluetooth接続機能やiPodの再生機能など、高級クーペらしい装備は“お約束”だ。

日本への導入時期は、2010年の秋ごろが予定されている。

(webCG 関)

「キャデラックCTSクーペ」
「キャデラックCTSクーペ」
 
「キャデラックCTS」ファミリーにクーペが登場の画像
 
「キャデラックCTS」ファミリーにクーペが登場の画像
 
「キャデラックCTS」ファミリーにクーペが登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATSクーペ プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2015.3.23 試乗記 キャデラックのエントリーモデル「ATS」にクーペが加わった。ライバルとなる「BMW 4シリーズ」や「アウディA5」とはどう戦うのか、その実力を確かめた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る