ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始

2012.10.15 自動車ニュース

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始

ポルシェジャパンは2012年10月15日、SUV「カイエン」シリーズのトップグレードとなる「ターボS」の予約受注を11月1日に開始すると発表した。

「カイエンターボS」は最高出力550ps、最大トルク 76.5kgm(750Nm)を誇るポルシェのSUVシリーズ最上級モデルだ。
パワートレインは「カイエンターボ」と同様に4.8リッターV8ツインターボエンジンと8段ティプトロニックSとの組み合わせで、さらなる専用チューニングによって0-100km/h加速4.5秒(カイエンターボ比−0.2秒)、最高速度283km/h(同+5km/h)というスーパースポーツカー並みのパフォーマンスを発揮するという。

一方で、燃費はカイエンターボと同じ11.5リッター/100km(欧州NEDCモード値。約8.7km/リッターに相当)を達成している。

同車は、カイエンターボ同様、ダンパーの減衰力をアクティブに調節するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)やエアサスペンションを装備するのに加え、コーナリング中のボディーロールを大幅に低減させて俊敏性と快適性を向上させるポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)や電子制御リアディファレンシャルとの組み合わせによってエンジントルクを左右のリアホイールに可変配分するポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)などを標準で装備。さらに、スポーツクロノパッケージも標準装備となる。

エクステリアでは、エアインテークグリル、ヘッドライトハウジング、ミラーパーツなどにブラックのハイグロス仕上げが採用されるほか、カイエンターボSの専用ホイールとしてデザインされた「21インチ911ターボIIホイール」も装着される。

インテリアは、これもカイエンターボS専用となる新しいカラーリングのツートンカラーレザーパッケージやカラーパターンを採用。ブラック/カレラレッドとブラック/ルクソールベージュの組み合わせが用意される。

車両価格は1977万円。ハンドル位置は左/右が選べる。

(webCG)

「ポルシェ・カイエンターボS」
「ポルシェ・カイエンターボS」 拡大

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大
ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大

関連キーワード:
カイエンポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る