【スペック】全長×全幅×全高=4645×1875×1310mm/ホイールベース=2585mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(564ps/5500rpm、91.8kgm/2250-3750rpm)/価格=1980万円(テスト車=2245万円/セルサイトグレー<マットペイント>=20万円/AMGパフォーマンスパッケージ=195万円/Bang&Olufsen BeoSound AMGサウンドシステム=50万円)

メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】

オープンAMGのたしなみ方 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
……2245万円

飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。

真正面から時代に取り組む

「メルセデス・ベンツSL63 AMG」は、いわばハイパフォーマンスを重ね着したモデルである。ノーマルSL V8モデルたる「SL550ブルーエフィシェンシー」が積む4.7リッターツインターボの代わりに、5.5リッターV8ツインターボが押し込まれた。5.5リッターエンジンのアウトプットは、最高出力537ps/5250-5750rpm、最大トルク81.6kgm/2000-4500rpm。4.7リッターのそれが435psと71.4kgmだから、ざっくり2割増しの強心臓を得たわけだ。

ラグジュアリースポーツの代名詞のようなSLクラスだが、もちろん、年々厳しくなる燃費(CO2排出量)、安全基準から逃れることはできない。11年ぶりにフルモデルチェンジを受けて6代目となったSLは、時代の要請に真正面から取り組んだ意欲作といえる。ボディーシェルはアルミ製となり、パワートレインの世代が新しくなった。

SLスペシャルたる「SL63 AMG」の車重は1880kg。先代型より100kg以上軽く、また、トランクリッドをカーボン化することで(−5kg)、SL550ブルーエフィシェンシー(1860〜1880kg)と同等の重さに収められた。

パワーユニットには、先代の自然吸気6.2リッターV8(525ps、64.2kgm)が捨てられ、前述の新しい5.5リッターV8ツインターボが採用された。言うまでもなく、筒内直接噴射を採り入れた燃費指向のターボエンジンである。シリンダー内に直接燃料を噴くことで異常燃焼を起こしにくくし、発動機としての効率を引き上げた。圧縮比は自然吸気並みの10.0。さらに、アイドリングストップ機能まで搭載して燃料消費量を抑えた結果、SL63 AMGのカタログ燃費(JC08モード)は、9.0km/リッターとなった。

エンジンは6.2リッターV8NAから、5.5リッターV8ツインターボへ。
エンジンは6.2リッターV8NAから、5.5リッターV8ツインターボへ。
「SL63 AMG」はトランクリッドの内側支持部にカーボン素材を採用する。通常タイプと比較して5kgの減量。
「SL63 AMG」はトランクリッドの内側支持部にカーボン素材を採用する。通常タイプと比較して5kgの減量。
試乗車は「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着。564psと91.8kgmを発生。
試乗車は「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着。564psと91.8kgmを発生。
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
    “モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”
    2016.6.10 エディターから一言 メルセデス・ベンツが「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを日本に導入。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • 「オートモビル カウンシル2016」の会場から(メーカー編 メルセデス・ベンツ) 2016.8.6 画像・写真 千葉県の幕張メッセ国際展示場で開催される、自動車イベント「オートモビル カウンシル2016」。メルセデス・ベンツは「SL」の歴代モデル4台を展示。ブースの様子とともに、クルマを写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る