【スペック】全長×全幅×全高=4645×1875×1310mm/ホイールベース=2585mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(564ps/5500rpm、91.8kgm/2250-3750rpm)/価格=1980万円(テスト車=2245万円/セルサイトグレー<マットペイント>=20万円/AMGパフォーマンスパッケージ=195万円/Bang&Olufsen BeoSound AMGサウンドシステム=50万円)

メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】

オープンAMGのたしなみ方 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
……2245万円

飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。

真正面から時代に取り組む

「メルセデス・ベンツSL63 AMG」は、いわばハイパフォーマンスを重ね着したモデルである。ノーマルSL V8モデルたる「SL550ブルーエフィシェンシー」が積む4.7リッターツインターボの代わりに、5.5リッターV8ツインターボが押し込まれた。5.5リッターエンジンのアウトプットは、最高出力537ps/5250-5750rpm、最大トルク81.6kgm/2000-4500rpm。4.7リッターのそれが435psと71.4kgmだから、ざっくり2割増しの強心臓を得たわけだ。

ラグジュアリースポーツの代名詞のようなSLクラスだが、もちろん、年々厳しくなる燃費(CO2排出量)、安全基準から逃れることはできない。11年ぶりにフルモデルチェンジを受けて6代目となったSLは、時代の要請に真正面から取り組んだ意欲作といえる。ボディーシェルはアルミ製となり、パワートレインの世代が新しくなった。

SLスペシャルたる「SL63 AMG」の車重は1880kg。先代型より100kg以上軽く、また、トランクリッドをカーボン化することで(−5kg)、SL550ブルーエフィシェンシー(1860〜1880kg)と同等の重さに収められた。

パワーユニットには、先代の自然吸気6.2リッターV8(525ps、64.2kgm)が捨てられ、前述の新しい5.5リッターV8ツインターボが採用された。言うまでもなく、筒内直接噴射を採り入れた燃費指向のターボエンジンである。シリンダー内に直接燃料を噴くことで異常燃焼を起こしにくくし、発動機としての効率を引き上げた。圧縮比は自然吸気並みの10.0。さらに、アイドリングストップ機能まで搭載して燃料消費量を抑えた結果、SL63 AMGのカタログ燃費(JC08モード)は、9.0km/リッターとなった。

エンジンは6.2リッターV8NAから、5.5リッターV8ツインターボへ。
エンジンは6.2リッターV8NAから、5.5リッターV8ツインターボへ。
「SL63 AMG」はトランクリッドの内側支持部にカーボン素材を採用する。通常タイプと比較して5kgの減量。
「SL63 AMG」はトランクリッドの内側支持部にカーボン素材を採用する。通常タイプと比較して5kgの減量。
試乗車は「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着。564psと91.8kgmを発生。
試乗車は「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着。564psと91.8kgmを発生。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る