【スペック】全長×全幅×全高=5230×1870×1485mm/ホイールベース=3165mm/車重=2070kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(279ps/6000rpm、35.7kgm/3000-5500rpm)+交流同期電動機(20ps、16.3kgm)/価格=1405.0万円(テスト車=1489.6万円/ラグジュアリーシートパッケージ=50.0万円/ナイトビューアシストプラス=25.0万円/有償メタリックペイント=9.6万円)

メルセデス・ベンツSクラス ハイブリッドロング(FR/7AT)【試乗記】

薄味ハイブリッド 2009.11.30 試乗記 メルセデス・ベンツSクラス ハイブリッドロング(FR/7AT)
……1489.6万円

話題のハイブリッド、かつ「輸入車初の……」を謳うにもかかわらず、やや目立たない存在の「Sクラスハイブリッド」。その出来映えを島下泰久がリポートする。

4リッター車並みのパフォーマンス

輸入車としては初のハイブリッド車となる「メルセデス・ベンツSクラス ハイブリッドロング」は、本国では「S400ハイブリッドロング」を名乗る。V型6気筒エンジンの排気量は3.5リッター。これと7G-TRONICと呼ばれる7段ATの間に電気モーターを挟み込み、それを量産ハイブリッド車としては初のリチウムイオンバッテリーで駆動するというのが、そのあらましである。その名からはエンジンとモーターの出力を合わせたパフォーマンスは4リッター車並みだというアピールが読み取れる。

良くも悪くも違和感が小さい。それが走りの何よりの印象だ。最高出力20ps、最大トルク16.3kgmのモーター、0.9kWhのバッテリー容量ではモーター走行はできないこともあり、スタートボタンを押すと普通にエンジンが掛かり、発進もまたエンジンの力で行なわれる。モーターの役割は加速のアシスト。エナジーフローディスプレイの表示を見れば、その様子をよく把握できる。

走行感覚はきわめて滑らか。しかも同じV型6気筒3.5リッターエンジンを積むショートボディの「S350」よりも150kg以上重い車体を、S350より軽やかに加速させる。まるでブーストが掛かったかのような力強さである。特にハイブリッドとの組み合わせのために燃費を重視して、膨張比を高めたアトキンソンサイクルを採用したことは、動力性能の面では不利に働くが、充実したモーターのトルクがそれを補って余りある活躍を見せているわけだ。

実はパワーステアリング、そしてエアコンのコンプレッサーも電動とされている。これはアイドリングストップ時にも変わらず動作させるためだが、こちらも違和感は無い。元々Sクラスのステアリングは今ひとつ手応え、座り感に乏しいところがあるが、それを差し引いても十分、不満の無い仕上がりと言えるだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る