第159回:まるで運転がうまくなった気分 横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤを体験

2012.10.16 エッセイ

第159回:まるで運転がうまくなった気分横浜ゴムの新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ」を体験

横浜ゴム自らが「最高傑作」とうたい、自信をのぞかせる新スタッドレスタイヤ「アイスガードiG50(愛称:アイスガード ファイブ)」。従来品と比較して、アイス性能や耐久性、低燃費性能を向上させているのはもちろんだが、同社のエコタイヤで用いられる「BluEarth(ブルーアース)」の刻印が入れられていることからみても、燃費や環境への対応には特に力が入れられているようだ。日本国内のタイヤメーカーとしてはいち早くエコタイヤの展開を始めた横浜ゴムならではのこだわりなのだろう。

氷上性能、そして燃費にも配慮

低燃費化を図るには、タイヤのゴムの動きを抑制してエネルギーロスを低減するのが一つの手法だが、アイスガード ファイブではサイドのたわみを適正化している。これはミニバン専用プレミアム低燃費タイヤの「ブルーアースRV-01」の技術を応用したものだ。従来品に比べて5%のころがり抵抗の低減を果たすと同時に、ミニバンにスタッドレスタイヤを装着した時に起こりがちな「ふらつき」の抑制にも貢献しているという。

このサイドのたわみの適正化は、ステアリングフィールの面でも大きな変化をもたらしていた。これまでの横浜ゴムのスタッドレスタイヤは、どちらかというと穏やかな反応を示す傾向にあったが、アイスガード ファイブはステアリングを切り込んでいく際の手応えがしっかりしていて、スッとクルマの向きを変えていけたのだ。

また、デコボコが多い雪道の直線路で速度を上げていくと、ボディーがフラットに保たれて安定感があった。剛性感の高さが実に頼もしい。

スノー路面では、この舵(だ)の効きの良さが大いなる武器になる。反応の鈍さを見越してあらかじめ早めにステアリングを切り込むなんていうスノー特有のテクニックを使わなくても、無意識に運転していれば思い通りに走れるといった感覚。ただし、調子にのって飛ばしていくと、やや曲がりすぎるきらいがなくもない。また、姿勢を崩し始めてからのコントロールは、従来品のように曖昧さがあったほうがラクだったりもするのだが、絶対的なグリップ性能ではアイスガード ファイブのほうが圧倒的に高いので、一般的な走行では安心だろう。

北海道のテストコースには「アイスガード ファイブ」を装着したFF、FR、4WDのテスト車がそろえられた。
第159回:まるで運転がうまくなった気分 横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤを体験
「アイスガード ファイブ」には低燃費タイヤに与えられる「BluEarth」ネームが入る。
第159回:まるで運転がうまくなった気分 横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤを体験
135/80R12〜245/45R19の全89サイズがそろう。価格はオープンプライス。
第159回:まるで運転がうまくなった気分 横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤを体験

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ