BMW、新型「5シリーズ」の概要を公開

2009.11.24 自動車ニュース

BMW、新型「5シリーズ」の概要を公開

独BMWは2009年月11月23日、新しくなったアッパーミドルクラス「5シリーズセダン」の写真と概要を公開した。

■ややコンサバ?

第6世代にあたる、新型「BMW5シリーズセダン」の姿が明らかになった。2003年7月に先代が欧州で発売されて以来、6年ぶりのフルモデルチェンジである。

ヘラで削り取ったかのような、アグレッシブな面構成が印象的だった先代に比べ、「7シリーズ」にも通じる、やや落ち着いた外観となった新型。しかし、キドニーグリルや丸目4灯のヘッドランプ、L字型テールランプといった、BMWセダンの伝統は、そこかしこ。「クーペのような流麗なルーフライン」を前面に、「完璧に均整のとれたプロポーション」を謳う。

実際のボディサイズは、全長×全幅×全高=4899×1860×1464mmで、先代に比べ44mm長く、15mm幅広く、6mm 低くなった。なかでも、同一セグメントで最長だという2968mmのホイールベースは、先代より78mmも延長されており、広くなったリアシートのレッグスペースなど室内の快適性もウリとする。
その一方、前席ではセンターコンソールがドライバーのほうに7度傾けられるなど、ドライバーオリエンテッドな演出も抜かりない。

■運動性も快適性も

くっきりとした輪郭線をもつエンジンフードの下には、全部で7種類の心臓がおさめられる。
ガソリンユニットは、ツインターボで過給される「550i」の4.4リッターV8ユニット(407ps、61.2kgm)を筆頭に、3リッター直6は、「535i」のシングルターボ(306ps、40.8kgm)、「528i」(258ps、31.6kgm)と「523i」(204ps、27.5kgm)のリーンバーン自然吸気ユニットが続く。ディーゼルは、3リッターユニット以下3種類が用意される。

組み合わされるトランスミッションは、8段AT。535iほか、2種類のディーゼルモデルには6段MTも用意される。足まわりは、フロントがダブルウィッシュボーン式で、リアは「インテグラルVリア・アクスル」と呼ばれるマルチリンク式を採用。50:50の前後重量配分と相まって、「比類ない走りと快適なドライブを約束する」という。なお、全モデルのブレーキに、エネルギー回生システムが備わるのも、新型ならではの特徴だ。

走りをサポートするハイテク装備も、パーキングアシストをはじめ、アクティブクルーズコントロール、車線逸脱警告システム、速度標識識別システム、ナイトビューなどなど、最新セダンにふさわしいものが用意される。
7シリーズに迫る優位性をもつようになったという新型5シリーズは、実際に7シリーズと多くのコンポーネントを共有し、同じディンゴルフィン工場で生産される。欧州での価格や、日本への導入時期は、まだ明らかになっていない。

(webCG 関)


BMW、新型「5シリーズ」の概要を公開の画像
先にデビューした新型7シリーズを思わせる、新型5シリーズ。プロポーションの美しさをアピールするボディは、全てのドアやエンジンフードにアルミを用いるなど軽量化が図られる一方で、剛性は平均55%強化されたという。
先にデビューした新型7シリーズを思わせる、新型5シリーズ。プロポーションの美しさをアピールするボディは、全てのドアやエンジンフードにアルミを用いるなど軽量化が図られる一方で、剛性は平均55%強化されたという。
独特なラインをみせる、新型5シリーズのボンネット。もちろん、歩行者への安全対策も考慮されている。
独特なラインをみせる、新型5シリーズのボンネット。もちろん、歩行者への安全対策も考慮されている。
実際のパフォーマンスは、「550i」の0-100km/h加速が5.0秒、「535i」の同値が6.0秒と伝えられる。
実際のパフォーマンスは、「550i」の0-100km/h加速が5.0秒、「535i」の同値が6.0秒と伝えられる。
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る