「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

2009.11.24 自動車ニュース
「ラフェスタ JOY G」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

日産自動車は、ミニバン「ラフェスタ」の仕様を一部変更し、2009年12月15日に発売する。

「ラフェスタ ライダー」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

今回、従来の「20S」に助手席側のオートスライドドアと両側のスライドドアオートクロージャーが、同「20G」にはアルミホイールが与えられたうえ、「20S」は「JOY X」に、「20G」は「JOY G」に、それぞれ車名が改められる。
さらに、4WD車は寒冷地仕様が標準設定される。

価格は、「JOY X」(FF/CVT)の179万3400円から「ハイウェイスター」(4WD/CVT)の254万3100円まで。

なお、日産ラフェスタをベースとする、オーテックのカスタマイズモデル「ライダー」シリーズや福祉車両の「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」にも、同様の変更がなされる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • マツダ・プレマシー23S(4AT)/ 20S(4AT)/ 20C(4AT) 【試乗速報】 2005.2.23 試乗記 マツダ・プレマシー23S(4AT)/20S(4AT)/20C(4AT)
    ……299万2500円/279万3000円 /239万4000円

    マツダの新型「プレマシー」は、引き算の発想でミニバンのユーティリティを向上させようという野心作である。「7」から「6」へと座席を一つ減らすことで、自由な空間を得た。『NAVI』鈴木真人が速報する。


  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る