「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

2009.11.24 自動車ニュース
「ラフェスタ JOY G」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

日産自動車は、ミニバン「ラフェスタ」の仕様を一部変更し、2009年12月15日に発売する。

「ラフェスタ ライダー」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

今回、従来の「20S」に助手席側のオートスライドドアと両側のスライドドアオートクロージャーが、同「20G」にはアルミホイールが与えられたうえ、「20S」は「JOY X」に、「20G」は「JOY G」に、それぞれ車名が改められる。
さらに、4WD車は寒冷地仕様が標準設定される。

価格は、「JOY X」(FF/CVT)の179万3400円から「ハイウェイスター」(4WD/CVT)の254万3100円まで。

なお、日産ラフェスタをベースとする、オーテックのカスタマイズモデル「ライダー」シリーズや福祉車両の「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」にも、同様の変更がなされる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る