「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

2009.11.24 自動車ニュース
「ラフェスタ JOY G」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

日産自動車は、ミニバン「ラフェスタ」の仕様を一部変更し、2009年12月15日に発売する。

「ラフェスタ ライダー」
「日産ラフェスタ」、装備が増えて車名も変更

今回、従来の「20S」に助手席側のオートスライドドアと両側のスライドドアオートクロージャーが、同「20G」にはアルミホイールが与えられたうえ、「20S」は「JOY X」に、「20G」は「JOY G」に、それぞれ車名が改められる。
さらに、4WD車は寒冷地仕様が標準設定される。

価格は、「JOY X」(FF/CVT)の179万3400円から「ハイウェイスター」(4WD/CVT)の254万3100円まで。

なお、日産ラフェスタをベースとする、オーテックのカスタマイズモデル「ライダー」シリーズや福祉車両の「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」にも、同様の変更がなされる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
ホームへ戻る