【スペック】全長×全幅×全高=4740×1775×1650mm/ホイールベース=2750mm/車重=1610kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4 DOHC16バルブターボ(225ps/5600rpm、33.2kgm/4400rpm)/価格=359万1000円(テスト車=389万250円/リアビューカメラ付きHDDナビゲーションシステム=26万7750円/特別色サテンホワイトパール=3万1500円)

スバル・エクシーガ2.0GT tuned by STI(4WD/5AT)【試乗記】

プロの仕事 2009.11.24 試乗記 スバル・エクシーガ2.0GT tuned by STI(4WD/5AT)
……389万250円

スバルの7シーター「エクシーガ」に、スポーティな“STIバージョン”が追加された。専用パーツがもたらす、その走りやいかに?

ミニバンでモータースポーツ!?

STIとは、「スバルテクニカインターナショナル」の略。スバル車のチューニングを手掛ける会社である。世界ラリー選手権(WRC)をはじめとする活躍で、モータースポーツ界では有名な呼称であるが、それなら、どうして7人乗りのワゴン車でSTIなのか? と、いぶかしがる向きもあろう。

しかし、モータースポーツというものは、必ずしも競走だけの世界ではないし、速く走ることだけがクルマを楽しむ術ではない。
スポーツは、道具を使って行うものであれば、その良し悪しは大切な要素だ。多くの場合、道具はレギュレーションによって管理され、その範囲内で個々人にとって使いやすいよう微調整されるが、必ずしも先鋭化されたものとは限らない。実用品を使ったスポーツでも、ルールさえあれば、競技としては成立する。
そんな風に考えてみると、7人乗りワゴン車のレースなども実際にやったら面白いかもしれないし、これだけ市場に出回っている重心が高いクルマの更なる進化発展に役立つはずだ。

さて、道具の扱いやすさは、スポーツの気持ちよさや記録に直接結びつくのだが、製品としての道具の質は一般的にバラツキも多い。量産品ならば避けられない部分でもある。
クルマの場合は、各部の入力に対する出力をグラフにしたとき、行きと帰りで同じ線上をたどらない“差”が生ずる(ヒステリシス)。この幅がチューニングカーでは小さいのだ。具体的な一例としては、サスペンションブッシュなどゴム部品の変形が挙げられる。これを変形しないように詰めるのは比較的容易だが、単純に詰めたり、固めて剛体にすればいいというのは愚の骨頂。文字では簡単に表せない、繊細なチューニングを施したのが、このSTIバージョンというわけだ。


スバル・エクシーガ2.0GT tuned by STI(4WD/5AT)【試乗記】の画像
運転席まわりの様子。tuned by STIの専用装備として、本革巻きのMOMO製ステアリングホイールやSTIロゴ入りシフトレバーが備わる。
運転席まわりの様子。tuned by STIの専用装備として、本革巻きのMOMO製ステアリングホイールやSTIロゴ入りシフトレバーが備わる。
メーターも専用品。220km/hスケールでSTIのロゴ入りとなる。
メーターも専用品。220km/hスケールでSTIのロゴ入りとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2012.8.29 試乗記 スバル・エクシーガ2.5i EyeSight(4WD/CVT)
    ……298万7250円

    「エクシーガ」がマイナーチェンジを受けた。安全装備を充実させ、「レガシィ」で採用された新2.5リッターエンジンを搭載。スバルの7人乗りミニバンの走りやいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
    ……303万4500円

    「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る