第118回:結論! 「i-REAL」は、やはりトヨタの乗り物だった

2009.11.21 エッセイ

第118回:結論! 「i-REAL」は、やはりトヨタの乗り物だった

「i-REAL」の試乗会

今月はじめ、六本木の東京ミッドタウンで開催されていたイベント「DESIGN TOUCH 2009」にふらりと訪れたときのことである。「i-REAL体験試乗会」という告知を発見した。
多くの方がご存知のとおり、「i-REAL」とはトヨタが開発した電動パーソナルモビリティである。前2輪、後1輪の3輪車だ。見ると、すでにデモンストレーターのお姉さんが広場をスイスイと回っている。

興味本位でバシバシ写真を撮るボクである。怪しまれるといけないので、いちおう身分を明かすと、トヨタ自動車の人が解説してくれることになった。
i-REALは、「PM」「i-unit」「i-swing」に続くトヨタのパーソナルモビリティとして、2007年東京モーターショーで公開された。2009年夏からは中部国際空港セントレアで実証実験が始まっている。
現地仕様には2タイプあって、警備用は「i-REAL Kei(ケイ)」という名前がついている。懐かしのピンクレディにあやかって、「もう1台は、ミーですか?」などというジョークを思いついたが、真剣なトヨタマンにはウケなそうなので、やめておいた。本当は、案内用にちなんで「Ann(アン)」と名づけられているという。

名刺を頂戴したら、説明してくださったのは、なんとi-REALの開発リーダーで、商品統括部主幹の森田真氏であった。研究室などにこもっているのではなく、多くの人に乗ってもらい意見を聞くその姿勢は、「現地現物」といわれる現場主義のトヨタらしい。ああ、開発リーダーたる御方に、くだらん冗談など言わなくてよかった。

「i-REAL」を軽快に操縦するデモンストレーター。2009年11月3日、東京ミッドタウンにて。
「i-REAL」を軽快に操縦するデモンストレーター。2009年11月3日、東京ミッドタウンにて。
こちらは2005年に登場した4輪の「i-unit」。i-REALがより現実的なカタチに進化しているのがわかるだろう。豊田市のトヨタ会館にて。
こちらは2005年に登場した4輪の「i-unit」。i-REALがより現実的なカタチに進化しているのがわかるだろう。豊田市のトヨタ会館にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。