第160回:【Movie】アウディが考える近未来のモビリティー 独アウディ本社主催の技術ワークショップ報告

2012.10.19 エッセイ

第160回:【Movie】アウディが考える近未来のモビリティー独アウディ本社主催の技術ワークショップ報告

2モーター方式を採用する「アウディA1 e-tronデュアルモードハイブリッド コンセプト」。
第160回:アウディが考える近未来のモビリティー アウディAG主催の技術ワークショップ報告

ドイツ・アウディ本社主催の技術ワークショップの今回のタイトルは「Audi future lab: mobility」。当日はさまざまなテーマが用意されていて、すべて紹介するには一体どれだけの文字数が必要なのか……というところ。なので、ここでは特に次世代パワートレイン、そして燃料ストラテジーにフォーカスしてお伝えしたいと思う。

モーターで駆動する「電動ターボチャージャー(コンプレッサー)」。
モーターで駆動する「電動ターボチャージャー(コンプレッサー)」。
電動ビターボ(ツインターボ)のイメージ図。通常のターボチャージャー(メイン。吸気口とインタークーラーの間に位置)を、電動コンプレッサー(セカンダリー。インタークーラーとスロットバルブの間に位置)が補助する形態をとる。
電動ビターボ(ツインターボ)のイメージ図。通常のターボチャージャー(メイン。吸気口とインタークーラーの間に位置)を、電動コンプレッサー(セカンダリー。インタークーラーとスロットバルブの間に位置)が補助する形態をとる。
電動ターボのテストカーとして「A6」の3.0TDIエンジン搭載車が使用された。
電動ターボのテストカーとして「A6」の3.0TDIエンジン搭載車が使用された。

立ち上がりが早い電動ターボチャージャー

TFSI、そしてTDIというパワートレインの革新により、エンジン効率を著しく向上させてきたアウディ。ハイブリッドのラインナップもいよいよ充実しはじめた。そんな彼らが近い将来導入しようとしている3種類のパワートレインを、今回試すことができた。

まずは「3.0TDI with electric Biturbo」、つまり電動ターボ付きのTDIユニットである。これは排ガス流量が十分ではない低負荷域において、電動ターボチャージャーを使って過給を速やかに立ち上げようというものだ。

乗ると違いは明白。ベースのTDIでも何が不満なの? というぐらい充実した低速トルクを発生しているが、こちらは立ち上がりが一拍分は素早い。実際、ゼロ発進から3秒で1車身の差がつくという。ちなみにターボを駆動する電力は回生エネルギーをキャパシターに蓄えておいて使うというから、その意味で効率性も向上しているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ