ミシュランタイヤがネット直販を開始、「MICHELIN Store」オープン

2009.11.20 自動車ニュース
日本ミシュランタイヤのベルナール・デルマス代表取締役社長(左)。「この新しいサービスが3つ星かどうか、消費者のみなさまに決めていただきたい」と語った。
ミシュランタイヤがネット直販を開始、「MICHELIN Store」オープン

ミシュランタイヤがネット直販を開始、「MICHELIN Store」オープン

日本ミシュランタイヤは2009年11月20日、インターネットによるタイヤの直販サイト「MICHELIN Store」を、11月24日にオープンすると発表した。


ミシュランタイヤがネット直販を開始、「MICHELIN Store」オープン

ミシュランタイヤが、独自の販売スタイルを展開する。「MICHELIN Store」を通じた、ネットでのタイヤ直販である。これは、ネットで購入して自宅にモノが届く、いわゆる「ネット通販」ではなく、購入者の近くにあるタイヤ販売店を紹介し、装着およびアフターサービスまでをパッケージとしたサービスだ。
このようなネットショップは、他のタイヤメーカーでも取り組みがなく、国内では初の事例となる。

日本国内に直営の販売店を持たないミシュランにとって、消費者ニーズをダイレクトに知ることができるうえ、現在の販売ネットワーク(タイヤ専業店、カーショップ、カーディーラー)と競合せずに新規顧客開拓を狙えるとして、オープンに至ったという。

「MICHELIN Store」では、車種、サイズ、用途などに応じてタイヤを選ぶ画面が用意される。タイヤを選択後、希望地域の装着店舗を紹介。作業日を予約し、ネットで決済が完了した後、作業日に店舗を訪れるという段取りになる。

ネットで購入した人には、特典として、有効期間を1年間とするアフターサービスが付帯する。空気圧や残溝チェック、ホイールナットの増し締めが、期間内であれば何度でも受けられるほか、ホイールバランス調整やタイヤローテーションなどのサービスも、1度に限り受けられる。さらに次回購入における割引特典なども与えられる。そのほかユーザーにとっては、訪問時の待ち時間を少なくできるなどのメリットもあるはずだ。

2009年11月24日からスタートするのは、全国6カ所を拠点とするサービス。順次地域を拡大し、2010年6月には全国展開を目指すという。
なお、販売対象となるのは、ミシュランブランドの乗用車用タイヤ(夏・冬)に限られる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。