「日産フーガ」、2代目はセクシー&セーフティ

2009.11.19 自動車ニュース
2代目「日産フーガ」
「日産フーガ」、才色兼備な2代目へ

「日産フーガ」、2代目はセクシー&セーフティ

日産自動車は2009年11月19日、高級セダン「フーガ」の新型を発表。同日に発売した。


「日産フーガ」、2代目はセクシー&セーフティ

■コンセプトは「走・美・快」

「セドリック/グロリア」の後継車種として、2004年10月にデビューした日産の高級セダン「フーガ」が、2代目にバトンタッチした。
新型は、同社が“セダンの本質的な魅力”とする「走・美・快」をコンセプトに、フラッグシップにふさわしいクルマとして開発された。すなわち、「スカイライン」シリーズで定評あるV6エンジンや新開発の足まわりで走りのよさを追求。内外装のデザインにも磨きをかけ、最新の安全装置や快適装備で脇を固めた。
ラインナップは、エンジンの排気量別に、2.5リッターモデルと3.7リッターモデルの2種類で、後者には、スポーティグレードの「タイプS」や高級志向を強めた「VIP」などが用意される。
価格は399万円から550万2000円までで、月間の目標販売台数は800台。なお、2010年秋には、3.5リッターV6ガソリンエンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルの投入も予定されている。

サイドビュー。Aピラーを50mm後退させて、よりFR車らしいプロポーションにしたという。
サイドビュー。Aピラーを50mm後退させて、よりFR車らしいプロポーションにしたという。
輝きを放つ「銀粉本木目」。極薄のウッドに純銀を擦り込んだもので「世界にも例がないパーツ」とアピールされる。
輝きを放つ「銀粉本木目」。極薄のウッドに純銀を擦り込んだもので「世界にも例がないパーツ」とアピールされる。

■美しい獣のように

新型フーガでまず目を引くのは、流麗なエクステリアだ。スカイラインのものに手を加えたプラットフォームを土台とし、「勢(いきおい)」と「艶(つや)」をキーワードにデザインしたというボディのサイズは、全長×全幅×全高=4945×1845×1500mmで、ホイールベースが2900mm(250GT/370GTほか)。
見た目にこだわったのは先代と同じだが、「ひょっこり腰高」「ハバが狭い」といった評価を覆すべく、全高を10mm下げ全幅を40mm拡大した。さらにAピラーを50mm後退させてロングノーズ化し、フロントまわりやフェンダーラインを中心に、面の凹凸を強調。セクシーでありながら、「後輪にしっかりと重心を乗せた、FR車らしい踏ん張り感のあるプロポーション」を表現した。

質感を追求したという居住空間も、ヒトの指先の感覚にまで研究開発の手を広げ、パーツ類の表面処理などに反映させた自信作。素材のよさに留まらず、実際にさわり心地のいいインテリアを目指した。アナログ時計やスイッチ類も、低価格モデルとは異なるパーツを新設計し、高級車としての差別化を図った。
なかでも、「プレミアムインテリアパッケージ」では、蒔絵の伝統技法をヒントにヤマハと共同開発した、銀粉を刷り込ませた本木目パネルや、柔らかさが自慢のプレミアムセミアニリン本革を採用。テーラーメイドのように感じられる質感が得られたという。

333psの3.7リッターエンジンは、スカイライン譲り。なお、先代のトップグレードだったV8エンジン搭載モデルは、新型では姿を消した。
「日産フーガ」、才色兼備な2代目へ

■足腰もしっかり

そんな新型「フーガ」の心臓は、2種類のV6エンジン。すでに「スカイライン」シリーズでおなじみの3.7リッター「VQ37VHR」ユニット(333ps/7000rpm、37.0kgm/5200rpm)と、2.5リッター「VQ25HR」ユニット(225ps/6400rpm、26.3kgm/4800rpm)だ。前者は先代の3.5リッターユニットより20ps上乗せされたパワーがウリ。後者は、11.2km/リッターから12.2km/リッターへと向上した燃費のよさで顧客にアピールする。
組み合わされるトランスミッションは、一気に2段増しの7段AT。駆動方式はFRを基本に、4WDモデルも用意される(3.7リッターモデルのみ)。

足まわりは先代モデルと同様、フロントがダブルウィッシュボーン式で、リアがマルチリンク式。オイル流路にふたつのピストンをもつ新開発のサスペンションが採用され、より幅広い路面状況に対応、乗り心地が向上したという。スポーティグレードの「タイプS」は、サスペンション特性が異なるだけでなく、ノーマルより2インチ大きな20インチアルミホイールやアルミ製のディスクキャリパーやフロント355mm、リア350mmの大径ディスクローターが奢られる。

荷室には9インチのゴルフバッグ4セットとスポーツバッグ4セットを収納できる。
荷室には9インチのゴルフバッグ4セットとスポーツバッグ4セットを収納できる。
日産自動車が横浜の新社屋に移ってから、初のニューカーとなる2代目「フーガ」。生産は栃木工場。「GT-R」で培った最高のクオリティレベルでお客様にお届けすると自信を見せる。来春は北米市場にもお目見えし、以降、中国市場などが続く。
日産自動車が横浜の新社屋に移ってから、初のニューカーとなる2代目「フーガ」。生産は栃木工場。「GT-R」で培った最高のクオリティレベルでお客様にお届けすると自信を見せる。来春は北米市場にもお目見えし、以降、中国市場などが続く。

■安全にリフレッシュ

いざというときの安全面も抜かりない。たとえば、高級車ではおなじみとなった、インテリジェントクルーズコントロールや、車線逸脱防止支援システム(LDP)。カーナビからのカーブ情報を検証し、必要に応じてアクセルペダルを押し戻すことでドライバーの減速操作をサポートする「インテリジェントペダル」や、車両の挙動を安定させるVDCシステムを利用して安定感のあるコーナリングを実現する「コーナリングスタビリティーアシスト」などは、注目の新機能だ。
個々のクルマと交通情報を共有し、見通しの悪い交差点などでの安全性を高める運転支援システムや、小学校付近における安全運転ガイドなども備え、「ぶつからないクルマ」を目指したという。

そんな先進の安全性能に守られるキャビンは、シャープのプラズマクラスターイオンや、ゆらぎの風で、“森の空気”に満たされる(「フォレストエアコン」)。「疲れにくい」のではない、「乗るとリフレッシュでき、元気になるクルマ」をめざしたというあたり、快の字をコンセプトに掲げるセダンの面目躍如だ。

(webCG 関)

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る