【スペック】全長×全幅×全高=4638×1939×1262mm/ホイールベース=2680mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)【海外試乗記】

伝説のモデル、誕生 2009.11.18 試乗記 メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)

AMGがイチから手がけたスーパースポーツ「SLS」が、いよいよデビュー。アメリカにおける公道&サーキット試乗で、そのパフォーマンスを確かめた。

300SLへのオマージュ……じゃない?

2009年フランクフルトモーターショーの巨大メルセデスブースで、主役の座を務めた「SLS AMG」。マクラーレンとのコラボレーションの末に生を受けた「SLRマクラーレンの実質的後継モデル」ともっぱら評判のこのモデルは、「AMGがイチからプロデュースした初のモデル」というのがウリの1台でもある。と同時に、「SLRのような“スーパーカー”ではなく、より現実的な“スーパースポーツカー”を狙った」と紹介される点も見逃せない特徴だ。ワンオフ的な作りとなることで極めて高コストになるカーボンファイバー製から、アルミスペースフレーム式へとボディ骨格構造を変更したのは、そんな両者の狙い所の違いを、最も雄弁に語る象徴的な出来事と言えるだろう。

スラリと伸びたロングノーズに、前輪後方に口を開く2本のフィン付きサイドエアベント。ちょっと立ち気味のウインドシールドに、なによりも特徴的なデザインを持つガルウイング式ドア……とくれば、誰もがこれは「往年の300SLへのオマージュから開発されたモデル」と感じるはず。しかし、カリフォルニアで開催された国際試乗会の場で確認をとって驚いた。実はこのモデルは、決して「300SLの再来」などという思いから開発されたものでは無いというからだ。

そんなSLSのそもそもの開発の発端は、2005年にAMGが新社長を迎え、「独自のコンプリートカーを作りたい」という思いが芽生えたことで始まったという。そこで社内で2シータースポーツカーの基本パッケージングを作り込み、親組織であるメルセデスにもお伺いを立ててみると「何か昔のSLに近いね」と話題になったという。すなわち、このモデルには当初はガルウイング式のドアなど想定されていなかったそうだ。その採用も含め、かつてのSLとのイメージのリンクが意識され始めたのは、すでに車両の基本パッケージングが完成された後のことであったらしい。「実はウチ(AMG)の社内では、名前も別のものが考えられていた」とも聞いている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る