第267回:ノーベル平和賞記念寄稿! 「ユーロはひとつ」と言ったヤツ、出てこ〜いッ

2012.10.18 エッセイ

第267回:ノーベル平和賞記念寄稿! 「ユーロはひとつ」と言ったヤツ、出てこ〜いッ

とても「ひとつ」とは言えない

2012年のノーベル平和賞が欧州連合(EU)に決まった。その賛否はともかく、ボクが驚いているのは、日本のメディアが、イタリアやフランスのメディア以上に詳しく報道していたことだ。
ある日本メディアは、EUの前身である終戦直後の欧州石炭鉄鋼共同体までさかのぼって解説していた。いやはや世界遺産しかり、“本場”欧州でメディアも深く採り上げず、人々もさして関心がない対象を、意外に日本でしっかり採り上げるのは毎回見ていて面白い。

欧州といえば、よく日本の方から、「ユーロは、もはやひとつなんでしょ?」と質問される。その質問自体かなり曖昧なのだが、要は「通貨統合が行われている=生活に関するさまざまなインフラやアイテムも同じになりつつあるのだろう」というニュアンスであろう。
ところがどっこい、そんなことはない。国境ひとつ越えると、いまだに他人の家に間借りしているような感覚に襲われることしきりだ。
今回は、ボク大矢アキオが日々の旅でいつも一瞬戸惑ってしまう面白ルールやアイテムを集めて皆さんと楽しんでみようと思う。

フランクフルトの欧州中央銀行本店前にて。
第267回:ノーベル平和賞記念寄稿! 「ユーロはひとつ」と言ったヤツ、出てこ〜いッ
イタリアの道路標識は日本と同じで、一般道が青、有料道は緑だ。
第267回:ノーベル平和賞記念寄稿! 「ユーロはひとつ」と言ったヤツ、出てこ〜いッ
イタリアとフランスをつなぐモンブラン・トンネルのイタリア側で。各道路の制限速度を示した標識。
第267回:ノーベル平和賞記念寄稿! 「ユーロはひとつ」と言ったヤツ、出てこ〜いッ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。