「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

2009.11.17 自動車ニュース
 
「ゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費向上

「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」をモデルチェンジし、2009年11月17日に発売した。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■燃費向上でエコカー補助金対象車に

既報のとおり、モデルチェンジしたゴルフのワゴン、「ゴルフヴァリアント」が日本で発売された。新型ゴルフのフロントフェイスを受け継ぎ、インテリアも、同様のデザインに改められた。
ボディサイズは、フロントフェイスの変更により全長が20mm短い4545mmになったほかは、全幅1785mm、全高1530mm(2.0STIスポーツラインの全高は1510mm)ともに先代と同じ。

日本でのラインナップはかわらず、1.4リッター直噴ターボ(122ps/20.4kgm)の「TSIトレンドライン」と、1.4リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー(160ps/24.5kgm)の「TSIコンフォートライン」、2リッター直噴ターボ(200ps/28.6kgm)の「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。トランスミッションは、1.4リッターモデルに7段DSG、2リッターモデルに6段DSGが組み合わされる。

新型はカタログ燃費(10・15モード)も向上している。TSIトレンドラインが16.8km/リッター、TSIコンフォートラインが16.2km/リッター、2.0TSIスポーツラインは12.2km/リッターと、先代比最大で11%アップ。全モデルがエコカー購入補助金の対象車となった。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■装備も充実

全モデルにデュアルエキゾーストパイプが採用されたほか、TSIコンフォートライン、2.0TSIスポーツラインには、バイキセノンヘッドライト、オートライトシステム、ダイナミック/スタティックコーナリングライト、フロントフォグランプが標準装備される。インテリアは、TSIトレンドラインのステアリングホイール、ハンドブレーキ、シフトノブが本革仕様にグレードアップ。2.0TSIスポーツラインは、マルチファンクションステアリングホイールや、従来オプションだったパワーシート、パワーランバーサポート、シートヒーターが標準となった。

電動パノラマスライディングルーフ(14万7000円)は全モデルにオプション設定され、HDDナビ「RNS510」やリアビューカメラ、ETCなどは2010年春以降にセットオプションとして導入予定とのこと。

価格は、「TSIトレンドライン」が272万円、「TSIコンフォートライン」が322万円、「2.0TSIスポーツライン」は383万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る