「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

2009.11.17 自動車ニュース
 
「ゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費向上

「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」をモデルチェンジし、2009年11月17日に発売した。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■燃費向上でエコカー補助金対象車に

既報のとおり、モデルチェンジしたゴルフのワゴン、「ゴルフヴァリアント」が日本で発売された。新型ゴルフのフロントフェイスを受け継ぎ、インテリアも、同様のデザインに改められた。
ボディサイズは、フロントフェイスの変更により全長が20mm短い4545mmになったほかは、全幅1785mm、全高1530mm(2.0STIスポーツラインの全高は1510mm)ともに先代と同じ。

日本でのラインナップはかわらず、1.4リッター直噴ターボ(122ps/20.4kgm)の「TSIトレンドライン」と、1.4リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー(160ps/24.5kgm)の「TSIコンフォートライン」、2リッター直噴ターボ(200ps/28.6kgm)の「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。トランスミッションは、1.4リッターモデルに7段DSG、2リッターモデルに6段DSGが組み合わされる。

新型はカタログ燃費(10・15モード)も向上している。TSIトレンドラインが16.8km/リッター、TSIコンフォートラインが16.2km/リッター、2.0TSIスポーツラインは12.2km/リッターと、先代比最大で11%アップ。全モデルがエコカー購入補助金の対象車となった。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■装備も充実

全モデルにデュアルエキゾーストパイプが採用されたほか、TSIコンフォートライン、2.0TSIスポーツラインには、バイキセノンヘッドライト、オートライトシステム、ダイナミック/スタティックコーナリングライト、フロントフォグランプが標準装備される。インテリアは、TSIトレンドラインのステアリングホイール、ハンドブレーキ、シフトノブが本革仕様にグレードアップ。2.0TSIスポーツラインは、マルチファンクションステアリングホイールや、従来オプションだったパワーシート、パワーランバーサポート、シートヒーターが標準となった。

電動パノラマスライディングルーフ(14万7000円)は全モデルにオプション設定され、HDDナビ「RNS510」やリアビューカメラ、ETCなどは2010年春以降にセットオプションとして導入予定とのこと。

価格は、「TSIトレンドライン」が272万円、「TSIコンフォートライン」が322万円、「2.0TSIスポーツライン」は383万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ゴルフゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記