「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

2009.11.17 自動車ニュース
 
「ゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費向上

「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」をモデルチェンジし、2009年11月17日に発売した。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■燃費向上でエコカー補助金対象車に

既報のとおり、モデルチェンジしたゴルフのワゴン、「ゴルフヴァリアント」が日本で発売された。新型ゴルフのフロントフェイスを受け継ぎ、インテリアも、同様のデザインに改められた。
ボディサイズは、フロントフェイスの変更により全長が20mm短い4545mmになったほかは、全幅1785mm、全高1530mm(2.0STIスポーツラインの全高は1510mm)ともに先代と同じ。

日本でのラインナップはかわらず、1.4リッター直噴ターボ(122ps/20.4kgm)の「TSIトレンドライン」と、1.4リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー(160ps/24.5kgm)の「TSIコンフォートライン」、2リッター直噴ターボ(200ps/28.6kgm)の「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。トランスミッションは、1.4リッターモデルに7段DSG、2リッターモデルに6段DSGが組み合わされる。

新型はカタログ燃費(10・15モード)も向上している。TSIトレンドラインが16.8km/リッター、TSIコンフォートラインが16.2km/リッター、2.0TSIスポーツラインは12.2km/リッターと、先代比最大で11%アップ。全モデルがエコカー購入補助金の対象車となった。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■装備も充実

全モデルにデュアルエキゾーストパイプが採用されたほか、TSIコンフォートライン、2.0TSIスポーツラインには、バイキセノンヘッドライト、オートライトシステム、ダイナミック/スタティックコーナリングライト、フロントフォグランプが標準装備される。インテリアは、TSIトレンドラインのステアリングホイール、ハンドブレーキ、シフトノブが本革仕様にグレードアップ。2.0TSIスポーツラインは、マルチファンクションステアリングホイールや、従来オプションだったパワーシート、パワーランバーサポート、シートヒーターが標準となった。

電動パノラマスライディングルーフ(14万7000円)は全モデルにオプション設定され、HDDナビ「RNS510」やリアビューカメラ、ETCなどは2010年春以降にセットオプションとして導入予定とのこと。

価格は、「TSIトレンドライン」が272万円、「TSIコンフォートライン」が322万円、「2.0TSIスポーツライン」は383万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ゴルフゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る