「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

2009.11.17 自動車ニュース
 
「ゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費向上

「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」をモデルチェンジし、2009年11月17日に発売した。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■燃費向上でエコカー補助金対象車に

既報のとおり、モデルチェンジしたゴルフのワゴン、「ゴルフヴァリアント」が日本で発売された。新型ゴルフのフロントフェイスを受け継ぎ、インテリアも、同様のデザインに改められた。
ボディサイズは、フロントフェイスの変更により全長が20mm短い4545mmになったほかは、全幅1785mm、全高1530mm(2.0STIスポーツラインの全高は1510mm)ともに先代と同じ。

日本でのラインナップはかわらず、1.4リッター直噴ターボ(122ps/20.4kgm)の「TSIトレンドライン」と、1.4リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー(160ps/24.5kgm)の「TSIコンフォートライン」、2リッター直噴ターボ(200ps/28.6kgm)の「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。トランスミッションは、1.4リッターモデルに7段DSG、2リッターモデルに6段DSGが組み合わされる。

新型はカタログ燃費(10・15モード)も向上している。TSIトレンドラインが16.8km/リッター、TSIコンフォートラインが16.2km/リッター、2.0TSIスポーツラインは12.2km/リッターと、先代比最大で11%アップ。全モデルがエコカー購入補助金の対象車となった。

 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像
 
「VWゴルフヴァリアント」内外装の変更&燃費もアップの画像

■装備も充実

全モデルにデュアルエキゾーストパイプが採用されたほか、TSIコンフォートライン、2.0TSIスポーツラインには、バイキセノンヘッドライト、オートライトシステム、ダイナミック/スタティックコーナリングライト、フロントフォグランプが標準装備される。インテリアは、TSIトレンドラインのステアリングホイール、ハンドブレーキ、シフトノブが本革仕様にグレードアップ。2.0TSIスポーツラインは、マルチファンクションステアリングホイールや、従来オプションだったパワーシート、パワーランバーサポート、シートヒーターが標準となった。

電動パノラマスライディングルーフ(14万7000円)は全モデルにオプション設定され、HDDナビ「RNS510」やリアビューカメラ、ETCなどは2010年春以降にセットオプションとして導入予定とのこと。

価格は、「TSIトレンドライン」が272万円、「TSIコンフォートライン」が322万円、「2.0TSIスポーツライン」は383万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る