【スペック】TSIコンフォートライン:全長×全幅×全高=4545×1785×1530mm/ホイールベース=2575mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)/価格=322.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン/TSIコンフォートライン【試乗速報】

見た目が変わっただけじゃない 2009.11.17 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン(FF/7AT)/TSIコンフォートライン(FF/7AT)
……272.0万円/322.0万円


新型「ゴルフ」のフロントフェイスを受け継ぎ、インテリアも共通デザインとなった新型「ゴルフヴァリアント」。その進化の度合いを確認した。

わずか2年のモデルチェンジ

「ゴルフ」のワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」が、「ゴルフ5」のプラットフォームをベースに3代目に生まれ変わったのが2007年のこと。同年9月には日本でも発売になったが、TSIエンジン(過給器付き直噴ガソリンエンジン)とDSGがもたらす高性能と低燃費、ハッチバックに劣らぬハイレベルな走り、そしてハッチバックを上回る広くて使いやすいラゲッジスペースなどが評価されて、これまでに1万5130台が販売されている。フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンにとっては、「ゴルフ」「ポロ」に次ぐ人気モデルなのだ。

そのゴルフヴァリアントが、デビューからわずか2年あまりで4代目にモデルチェンジし、早くも日本に上陸した。あまりに短いモデルサイクルに、「早すぎるんじゃないの?」と思う人は多いはずだ。3代目のオーナーならなおさらなわけで、複雑な気持ちで4代目の登場を見守っているに違いない。こういう私も実はそのひとりである。

フォルクスワーゲンとしては、3代目ゴルフヴァリアントや現行「ジェッタ」が採用するフロントマスク、いわゆる“ワッペングリル”から決別し、「シロッコ」や現行の「ゴルフ6」、そして、新型ポロを特徴づける水平基調のラジエターグリルを備えた新しいブランドフェイスに、一刻も早く移行したいのだろう。日本では販売が終了した「ゴルフプラス」も、ヨーロッパでは新しいマスクに変わっている。その流れをくみ、ゴルフヴァリアントにも新デザインのフロントマスクが与えられて、生まれ変わったのだ。

聞けばこのフロント部分はゴルフ6と同じもので、全長が4565mmから4545mmに短くなったのも、新しいフロントマスクを採用したからだという。一方、1785mmの全幅や1530mm(2.0TSIスポーツラインは1510mm)の全高は旧型と同じ数字。そればかりか、よく見るとAピラー以降のデザインは新旧にほとんど違いがなく、たとえばドアはどう見ても同じ形だし、テールゲートやテールライトも変わりがない。

シートは、TSIコンフォートライン/トレンドラインにファブリック、2.0TSIスポーツラインには本革が採用される。写真はトレンドラインのスタンダードシート。
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン(FF/7AT)/TSIコンフォートライン(FF/…
【スペック】TSIトレンドライン:全長×全幅×全高=4545×1785×1530mm/ホイールベース=2575mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=272.0万円(テスト車=同じ)
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン(FF/7AT)/TSIコンフォートライン(FF/…

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る