光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売

2012.10.18 自動車ニュース

光岡、三輪電気自動車「雷駆-T3」を発売

光岡自動車は、三輪の電気自動車(EV)「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。

「雷駆-T3」は2人乗りの三輪EV。法規上は「排気量250cc以下の側車付き二輪車」、いわゆるトライクとして扱われる。従来、トライクは乗用が想定されており、積載は前提とされていなかった。しかし、「国土交通省の新たなご判断をいただき」(光岡自動車)、定員2人、最大積載容量100kgという仕様で型式認定を取得した。

グレードはショートレンジ(短距離用途)向きの「S」と、ロングレンジ(長距離用途)の「L」がある。駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が順に2.9kWh、4.3kWhと差が付けられており、100Vの家庭用コンセントを使ってそれぞれ約4時間、約6時間でフル充電できる。航続可能距離(40km/h低地走行の場合)は約40kmと約60km。

また、それぞれのグレードには、フロントスクリーンが付く仕様「S+」「L+」も用意される。価格は129万5000円(Sグレード)〜143万5000円(L+グレード)。

経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となり、最大で30万円が補助されるため、最廉価Sグレードの実質的な価格は100万円を切る99万5000円となる。

(webCG)

「ミツオカ雷駆-T3」
「ミツオカ雷駆-T3」

光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像

光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

雷駆の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 光岡、電気自動車「ライク」を発表 2010.4.22 自動車ニュース 光岡自動車は2010年4月22日、新型電気自動車「雷駆(ライク)」を発表した。
  • ミツオカ雷駆-T3 2011.7.7 画像・写真 ミツオカが手がける三輪の商用電気自動車「雷駆-T3」の姿を写真で紹介する。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ディーゼル+4WDの「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」登場
    NEW
    2017.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」と「BMW 2シリーズ グランツアラー」のラインナップに、2リッター直4ディーゼルターボエンジンと4WDを組み合わせた「218d xDrive」をそれぞれ追加設定し、2017年1月28日に発売する。
ホームへ戻る