光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売

2012.10.18 自動車ニュース

光岡、三輪電気自動車「雷駆-T3」を発売

光岡自動車は、三輪の電気自動車(EV)「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。

「雷駆-T3」は2人乗りの三輪EV。法規上は「排気量250cc以下の側車付き二輪車」、いわゆるトライクとして扱われる。従来、トライクは乗用が想定されており、積載は前提とされていなかった。しかし、「国土交通省の新たなご判断をいただき」(光岡自動車)、定員2人、最大積載容量100kgという仕様で型式認定を取得した。

グレードはショートレンジ(短距離用途)向きの「S」と、ロングレンジ(長距離用途)の「L」がある。駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が順に2.9kWh、4.3kWhと差が付けられており、100Vの家庭用コンセントを使ってそれぞれ約4時間、約6時間でフル充電できる。航続可能距離(40km/h低地走行の場合)は約40kmと約60km。

また、それぞれのグレードには、フロントスクリーンが付く仕様「S+」「L+」も用意される。価格は129万5000円(Sグレード)〜143万5000円(L+グレード)。

経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となり、最大で30万円が補助されるため、最廉価Sグレードの実質的な価格は100万円を切る99万5000円となる。

(webCG)

「ミツオカ雷駆-T3」
「ミツオカ雷駆-T3」

光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像

光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

雷駆の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • EV「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場 2011.8.25 自動車ニュース 光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を変更するとともに、グレード体系を改め、2011年8月26日に発売する。
  • ミツオカ雷駆-T3 2011.7.7 画像・写真 ミツオカが手がける三輪の商用電気自動車「雷駆-T3」の姿を写真で紹介する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る