「マセラティ・グラントゥーリズモS」に、スポーティなオプション登場

2009.11.12 自動車ニュース

「マセラティ・グラントゥーリズモS」に、スポーティなオプション登場

マセラティの日本総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは2009年11月12日、スポーツクーペ「マセラティ・グラントゥーリズモS」向けのスペシャルオプションプログラム「MCスポーツライン」の導入を発表した。

「MCスポーツライン」は、マセラティがレース活動を通じて得たノウハウをつぎ込んだ、「マセラティ・グラントゥーリズモS」を、よりスポーティに演出するオプションだ。カーボンファイバーを多用し、レーシングイメージを強める一方、走行性能も高められるという。「MC」はマセラティ・コルサの意。

インテリアでは、ダッシュボードやドア、リアサイドのパネルを、カーボンファイバーのモールディングおよびグロス・ブラック仕上げとし、よりスポーティに。インストゥルメントパネルやシフトパドルもカーボンに、ペダル類をロゴ付きのアルミニウム製に変更するパッケージも用意される。

エクステリアでは、フロントリップに装着されるデフレクターと、リアスポイラーは、ともにカーボン製。こちらはスタイルを良く見せるだけでなく、ダウンフォースの向上にも貢献する。
さらにサイドミラーとドアハンドルをカーボン製に変更することもできる。

足まわりを変更する「MCサスペンション・セットアップ」も用意された。
ブラックとレッドに彩られ、「MC」ロゴが刻印されたサスペンションキットは、10mm車高ダウンするほか、ハンドリングも向上するとのこと。拡大されたロールバーの装着で、ボディ剛性も向上。さらにMSP(マセラティ・スタビリティ・プログラム)を専用にプログラミングし、よりドライビングプレジャーを高めたという。ドリルドブレーキディスクもあわせて搭載される。

「MCスポーツライン」は、これらインテリア、エクステリア、サスペンションなど、10種のパッケージオプションで構成され、すべてを装着するフルパッケージの他、個別に選択し自由に組み合わせることも可能。フルパッケージの価格は223万4000円となる。
2009年11月13日から受注を開始し、デリバリーは2009年12月下旬以降になる予定。

(webCG 本諏訪)

「マセラティ・グラントゥーリズモS MCスポーツライン」フルパッケージ装着車。
「マセラティ・グラントゥーリズモS MCスポーツライン」フルパッケージ装着車。

「マセラティ・グラントゥーリズモS」に、スポーティなオプション登場の画像

「マセラティ・グラントゥーリズモS」に、スポーティなオプション登場の画像

「マセラティ・グラントゥーリズモS」に、スポーティなオプション登場の画像

関連キーワード:
グラントゥーリズモマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティのモデルラインナップが2018年型へと進化 2017.11.8 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京において、マセラティの2018年モデルのフルラインナップを披露した。2018年モデルでは、先進運転支援システムの強化などが行われている。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • 第6回:プレミアムSUVとしての実力に迫る 2017.12.26 徹底検証! ボルボXC60 世代交代を果たした最新の「ボルボXC60」は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。今回は、同車に近いスペックを持つレクサスのSUV「RX」との乗り比べを通して、それぞれの個性を浮き彫りにする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る